現在の閲覧者数:
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
創作劇場【究極の片想い】もくじ
 創作劇場【究極の片想い】

     もくじ  (ポチっと直行できます)

第 1話  はじまり

第 2話  スキャンダル

第 3話  すずりんの危機

第 4話  狙われた ミンチョル

第 5話  行方

第 6話  

第 7話  女心

第 8話  誘惑?

第 9話  本心

第10話  ひとめぼれ

第11話  プロポーズ大作戦

第12話  

第13話  最終話  夢  



・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。



この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
↓ 
スポンサーサイト
創作劇場 【究極の片想い (13)】

創作劇場 【究極の片想い~落ち武者と呼ばれて~】 全13話

最終話 『 夢 』


テレビ局での打ち合わせに来たあと この日はもう予定はなかった。
いつもは、局から送迎の車が出るのだが
「東京見物を兼ねて 電車で帰るから」と 帰りの車は断った。

テレビ局のショップでは 人気キャラクターのキーホルダーなどを買い
ソフトクリームを食べたり おでんを食べたりして
ちょっとだけ 遊ばせてもらった。

明朝一番の便でソウルに帰れば ミンチョルは仕事に忙殺される。
この数時間は ミンチョルにとっても つかの間の休暇だった。

夕食も済ませ 滞在先のホテルの最寄駅まで帰ってきた。
電車に乗るまでは天気ももったが ポツリポツリと雨が降り始めていた。
タクシーに乗る距離でもない。
二人分の傘を買うほどの降りでもない。
コンビニで 1本だけビニル傘を買って間に合わせることにした。

コンビニを出て ミンチョルが傘を広げると すずりんがいない。
ミンチョルを待たずに 歩きはじめていたのだ
追いかけて 傘を傾け 一緒に入ろうとするが
すずりんは 傘に入らない。
『濡れるよ おいで。』 
そうミンチョルが言っても すずりんは入らない。
『どうしたんだい?』
「ヨンスさんに悪いから けっこうです。」
『えっ!』
一瞬立ち止まったミンチョルだったが すぐに歩き出しこう言った。
『そんなこと気にしてたの?』
「・・・・・・」

『ヨンスさんが そんなことで 怒ったり悲しんだりすると思うかい?』
「いいえ、思いません。」
『じゃあ 何故?』
「許さないのはヨンスさんじゃなくて 私の気持ちなんです。」
『どういうことかな?』
「ヨンスさんが好きだから・・・。」

ミンチョルはすずりんの腕をつかむと 近くの喫茶店に入った。
『ちょっと雨宿りしよう。 あの状態じゃ 風邪をひく。』

カフェオレをふたつ注文すると 話し始めた。
『すずりん。 最近の君は ときどき元気がないが どうしたんだい?』
「そうですか?別に 何もありませんけど・・・ 」 
と、答えるすずりんだが 下を向いたまま目をあわせない。
『僕の顔をみてくれないの?』
ミンチョルにそう言われて 顔を上げるが やはり下を向いてしまう。

ミンチョルは質問を変えた。
『すずりんは ヨンスさんが好きかい?』
「はい、好きです!」 
すずりんは 明るい笑顔で ミンチョルをみた。

『ヨンスさんのどんなところが 好きなのかな?』
「ヨンスさんに対する 興味本位のスキャンダルから目をそらすために
私はカムフラージュの目的で 室長と契約しました。
私が 室長といつも一緒にいることで ヨンスさんが気を悪くしないかと心配でしたが
ヨンスさんは逆に いつも私を気遣ってくれて・・・優しくて・・・。」
『そうか・・・』
ミンチョルはヨンスを思い浮かべているのか とても柔らかい優しい顔をしていた。

「主任に噛み付かれたときも すぐに助けてくれて・・・。」
『主任が噛み付いたって・・・?』
「あっ!いえっ!ちょっとだけ・・・。」
『しょうがないなあ(笑) ヨンスさんも以前、噛み付かれたことがあるんだ。』
「そうなんですか?」
『ああ、歯型がつくほどだったから すずりんも さぞ痛かっただろうね。』
「あっ!いえっ! 私にはそんなに強くは・・・。」
『そうなの・・・?』
「はい そのときもヨンスさんは 優しく手当してくれて とても心配してくれました。」
『主任のことは 何故僕に言わないんだ? 僕が厳しく注意するのに・・・。』
「そんなことしないでください。」
『何故? 』
「主任の気持ちはわかるから・・・私は主任を責められない・・・それに、」
『それに?』
「噛んだって言っても形だけなんです。 強く噛んだりしないんです。」
『それにしても・・・。』
「いいえ、 いいんです。 格好つけているんじゃありません。
  主任の気持ちは 私が一番よくわかるんです。それを主任もわかってる・・・。」
ミンチョルは やさしい顔で すずりんをみていた。

「室長・・・。」
『なんだい?』
「幸せですか?」
それには答えず ミンチョルは聞いた。
『吸っていいかな?』
「あっ!はい、どうぞ。」
すずりんは テーブルにある灰皿を ミンチョルの前に置いた。

『答えにはならないかも知れないが・・・
 心の奥の柔らかい部分が あったかくなった気がするよ。』
「そうですか・・・。」
『ああ』
そういうと ミンチョルは照れくさそうに煙草に火をつけた。
「室長・・・。そういうのを 幸せっていうんですよ。」
『・・・・・・。』
ミンチョルは これ以上ないというような 幸せそうな笑顔をみせた。

『今度は僕が聞こう。 すずりんは 幸せなのかい?』
すずりんは また 下を向いてしまった。
『最近ときどき元気がなくなる理由を まだ聞かせてもらってなかったね・・・。』

契約とはいえ ミンチョルのそばにいられる自分は 幸せなのかもしれない。
でも この状態は 本当に幸せといえるのだろうか。
愛する人が 他の女性と幸せになるために協力し 見守る事が、
幸せといえるのだろうか。
こんなに苦しいのに・・・。

「私、室長もヨンスさんも好きです。
 ヨンスさんを好きな室長も好きです。
 室長を好きなヨンスさんも好きです。
 そんなお二人のそばにいられて 幸せです。
 ただそれだけです。 それ以上も それ以下もありません。
 私が元気がないなんて 室長の気のせいですよ。
 お腹がすいて 私がヘナヘナのときだったんじゃないですか?
 気のせい注意報発令中~!ウ~ウ~!」

精一杯元気に答えたすずりんは カフェオレを一気に飲み干した。
一気に飲み干すには カフェオレはまだちょっと熱かった。
しかし すずりんの胸の奥は 冷たい風が吹いたようだった。

窓ガラスをたたく雨粒を 見つめているより他に、
すずりんは視線を向けるところがなかった。
少し上を向いて 雨を見ているふり・・・。
絶対に 泣き出さないように・・・。


店を出ると 先ほどより少し 雨あしが強くなったような気がした。
相変わらず 一緒の傘に入ろうとしないすずりんだったが、
ミンチョルはかまわず すずりんの肩を引き寄せた。
『次に日本に来る時には すずりんはすっかり有名人だ。
 こんなことして歩けないんだよ。
 それに 雨で風邪をひかせたら 僕の気持ちが許さない。』
ニコっと笑うと すずりんの肩を抱いたまま ミンチョルは歩き出した。

こんなこと 二度とないだろう。
人が見たら 恋人どうしに 見えるのかな?
ヨンスさんに 申し訳ない・・・。

ミンチョルの腕からすリ抜けようとしても
力強い腕は それを許さない・・・。

ヨンスさん ごめんなさい。 今だけ 室長をお借りします。


このことは全部覚えておこう・・・。

信号で止まったとき 室長がひとつ咳をしたこと。

不意に飛び出した猫を避けようとして水溜りに足をつっこんだこと。

水の入った靴が歩くたびにグチュグチュと音を立て「子供みたいだ。」と 笑ったこと。

ポストの前で 前髪をかきあげたこと。

交差点で 左折してきた車に 水をはねられたこと。

よろけて転びそうになったとき しっかり支えてくれたこと。


全部 脳裏に焼き付けておこう。
全部 胸にしまっておこう。
ほんの数十mの間のことだけど・・・絶対に忘れない 宝物。


滞在先のホテルに戻った時 二人はびしょ濡れだった。

一旦はそれぞれの部屋に戻り シャワーを浴びて着替えたが
昼間買い集めたキャラクター物を ミンチョルが持っていたので
荷造りの時に 詰めてしまったほうが良いだろうと
キャラクターの入った袋を届けに ミンチョルはすずりんの部屋を訪ねた。

ドアを開けたすずりんは 珍しくアルコールのニオイがした。
ピンクに小さな白の水玉模様のパジャマに
クリーム色の 少し丈の長いカーディガンを羽織っていた。

『失礼、 もう休むところだったのかい? 
 これ、荷物に詰めてしまったほうがいいと思ってね。届けにきたんだ。  
  じゃ、 おやすみ。』
ミンチョルはキャラクター入りの袋を渡すと 立ち去ろうとした。
「待ってください。 入って・・・。」
『いや、今夜はこれで失礼するよ。』
「少しだけお願いします。 
  ちょっと飲んでみようと思って ワインの栓を開けちゃったんです。 
    手伝ってください。」
『いや、でも・・・。』
「お願します。」

ミンチョルから手を引くことはあっても すずりんから手をのばしたことはない。
なのに 今夜のすずりんは 
めずらしくミンチョルの手をつかんで 離さなかった。


ソファに座ると ミンチョルのグラスにワインを注いですすめた。
「室長とヨンスさんて・・・ 
 本当に愛し合ってるんですね。
 ふたりが結婚して歳をとったら どんなおじいちゃんとおばあちゃんになるんでしょうね。

 室長はきっと・・・
 おじいちゃんになっても かっこいいままですよね。
 ヨンスさんは きっとかわいいおばあちゃんになるんだろうなあ。
 髪は全部白髪になっても 品が良くて かわいらしいおばあちゃん・・・。

 もうひとつ・・・。 
 夫婦って いつも一緒に居るから だんだん顔が似てくるっていいますよね。 
 室長とヨンスさんも 似てくるのかなあ。
 美男美女だから 似ても似てなくてもステキなカップルですけど・・・。

 きっと・・・
 ふたりの赤ちゃんも かわいいでしょうねぇ。
 ああっ! 室長顔赤いですよ~。 照れちゃいますぅ?
 室長かわいいですねぇ・・・。
 ああ~ あったかい・・・」

すずりんは 焚き火にあたるような仕草で ミンチョルの顔の前に
両手をかざして 笑った。

すずりんはニコニコと室長の顔をみながら ゴクゴクっとグラスのワインを飲み干した。 
ボトルを持つと 自分でグラスにワインを注ぐ。

「ああっ! 室長いいんです。 気を遣わないでください。
 自分のは 自分でやりますから・・・。
 室長は 飲まないんですかぁ? 飲んでくださ~い!」

『すずりん飲みすぎだよ。 もうやめたほうがいい。 お酒は弱いだろう? 』
そう言って ミンチョルは すずりんのグラスを取り上げる。

「大丈夫ですぅ 私 飲んだらけっこう ・・・飲めるんですぅ。 」
そう言うと テーブルに置いてあった ミンチョルのグラスを手にし
グイっと 一気に飲み干した。
『ワインをそんな飲み方しちゃいけない。 もうやめよう。』
ミンチョルは 心配そうに すずりんを見ている。
今夜のすずりんは 明らかにいつもと様子が違う。

『すずりん、本当にどうしちゃったんだ。
 いつも明るい君の こんな姿を見るのは辛いんだ。
 もうこれくらいで やめよう。』
たしなめるミンチョルに向かって すずりんは人差し指を自分の口に当ててみせた。

「シー! 何も言わないでください。
 今日だけです。 今日だけ・・・。
 明日目が覚めたら ぜーんぶ忘れちゃってください。
 ソウルに帰ったら 契約事項に専念しますから ご心配なく・・・。
 了解?」

かなり酔いがまわっているのか
焦点の合わない目で ミンチョルを見ながら すずりんは続ける。
「私も・・・
 室長といつも一緒にいるから いつかは顔が似てくるのかなあ・・・。
 かっこいい室長に似たら 私は嬉しいけど
 ふふふ 室長 困るでしょ。 落ち武者ミンチョルなんて・・・。

 もしも・・・
 室長と私の赤ちゃんがいたら、
 だからぁ もしもですよ~  
 落ち武者赤ちゃん なのかなあ・・・。 
 頭にちっちゃな矢がささってるのかなあ。
 ははは・・・。  (チカラなく笑ってみせるすずりん)

 女の子だったら・・・・・・
 かわいそうだなあ。
 だって女の子なのに・・・。 女の子なのに落ち武者ですよォ~。
 好きな人ができても 好きって言えないんですよォ~。
 室長みたいな人に会えたら 一瞬でも夢を見させてもらえるけど
 そういう人に出会えなかったら 夢なんて・・・ 
 無いっすからねえ。
 えへへへへ 。

 ちっちゃい落ち武者赤ちゃん。 ちょっとかわいいかなあ・・・。
 室長に似てたら きっとかわいいだろうなあ。
 あははは・・・。
 パパに似た女の子は幸せなんですよねぇ。
 室長がパパ。 なんてなぁ・・・。」

ほんの少し表情が曇ったすずりんだったが
すぐに 笑顔を作ってこう続けた。
 
 
「室長とヨンスさんに赤ちゃんが生まれたら、
 頭のてっぺんの髪の毛を、こうやってチョコリンってしばって
 ちっちゃなリボンを 結んでくれませんか?
 そしたら、ちっちゃいすずりんになるから・・・。
 ちっちゃい落ち武者赤ちゃんに 見えるから・・・。

 あれっ? 何言ってるんだろう私・・・えへへへ。 
 あっ ちょっとすみません。 おトイレにいってきま~す。 」

ほとんど歩けないような状態で すずりんはヨロヨロとトイレに立った。


ミンチョルは 胸をえぐられたような ショックを覚えた。
言葉がみつからなかった。
いつも元気に走り回ってるすずりんが そんな気持ちでいたなんて
思いもよらない ことだった。
時々沈んで見えたのは こういうことだったのか・・・。
何も言わずに ひとりで苦しんでいたのか・・・。

どれくらいの時間が経っただろうか。
トイレからなかなか戻らないすずりんが 心配になった。
あんな無茶な飲み方をして 悪酔いでもしたのか?

トントン・・・・・・ 洗面所のドアをノックする。
『すずりん 大丈夫か?』
トントン・・・・・・ 返事が無い。
『すずりん 失礼するよ』

ガチャっ

洗面所のドアを開けると 洗面台の壁にもたれて
座り込んで眠っている すずりんがいた。
『すずりん・・・起きるんだ。 風邪をひくぞ。』
チョンチョンと ホッペをつつこうとしたミンチョルの手が止まった。
すずりんの頬に 泣いたあとがあったからだ。
涙がまだ 残っている・・・。

ミンチョルは 一瞬息を飲み込んだ。
そしてゆっくりと 静かに息をはいた。
『すずりん・・・。』

洗面所からベッドまで運ぶと すずりんをそっと寝かせ 
ミンチョルは 毛布をかけてやった。

ベッドに下ろされた振動で すずりんは気がついたが 瞼があかなかった。 
眠いのと 泣いたのとで 瞼が重くてあかなかった。
そこへ 噛みしめるようにゆっくりと話しかける ミンチョルの声が聞えてきた。

『すまない。 
 僕は君に 無神経で残酷なことをしていたんだな。

 僕の周りには 君みたいな子はいなかったんだ。
 今までみてきた女の子は
 うっとうしいほどに いつも僕をみつめ いつでも僕を求める視線を投げかける。
 本当に僕がほしいのか 僕のバックにある財産や名声がほしいのか
 わからないような子ばかりで うんざりしていたんだ。
 
 君は 僕が抱きしめても 決してその手を僕の背中にまわさない。
 僕をみつめたり すがったりしない。
 しなだれかかることも 甘えることもしない。
 涙を武器に 僕に言い寄ったこともない。
 だから、僕のことなんか全然興味がない子だと思っていたんだ。

 だけど違うんだね。
 何も求めない愛もあるのか・・・。
 ただ胸の奥で 誰にも見せない愛もあるなんて知らなかったよ・・・。』

 ミンチョルは
 深く息を吸うと 天井を仰いでいたが しばらくしてまた 話しだした・・・。


『ヨンスさんはね 本当にやさしく 僕を受け止めてくれるんだ。
 だけど・・・
 僕の心の やわらかいところが あったかく感じたのは
 ヨンスさんのことばかりじゃないんだよ。
 すずりん、 君のこともそうだ。
 ヨンスさんとは違うところで 僕をあったかい気持ちにさせてくれるんだよ。
 いつも元気に 僕を笑わせてくれるだろう?
 僕の無防備なときをついて 不意に笑わせる・・・。
 こんなに 気持ちが軽くなることはないんだ。

 ヨンスさんを愛する気持ちとは 違うものだけど
 君のことも 今では大切に思っているよ。 ウソじゃない・・・。
 
 僕は君に どうしてあげたらいい?
 君を 苦しめることしかできないのだろうが・・・

 いっそ 契約を打ち切って 僕から離れれば楽になるかい?
 いや、それは僕が困るな。
 明かりが消えてしまいそうで 不安だ・・・。

 僕に出来る事は いつもどうりにしていることかい?


 明日は 今までと変わらずにいるよ。
 表向きはね・・・。
 でも 君の気持ちは もう知ってしまった・・・・・・。

 ありがとう。 
 こんなに僕を想ってくれて・・・。

 今夜はぐっすり眠るといい。

 おやすみ。 』


ミンチョルは すずりんの髪を 頭になでつけると
おでこにそっとキスをして 部屋を出て行った。


ドアの閉まる音がすると
すずりんは 掛けられた毛布を引き上げ 顔を覆った。
声を殺して 一晩中泣いた・・・・・・。


翌朝 瞼をパンパンに腫らしたすずりんがいた。
こんな顔じゃ 外に出られそうにない・・・。
「そうだ! いいこと考えたあ!」

朝食の時間に ミンチョルの前に現れたすずりんをみて
ミンチョルは おなかを抱えて笑い出した。
すずりんは 変装用めがねをつけていたのだ。
黒ブチのめがねに ビニル製の鼻がつき 鼻の下にはヒゲがついている。
しかも めがねレンズの部分は ピンク色に塗りつぶしてある。
そして 頭は トレードマークの落ち武者ヘアーと刺さった矢。

『すずりん、今日はまた随分と激しい登場だね。』 ・・・まだ笑っている。
「えへへへ 昨夜 飲みすぎちゃって 目がパンパンなんです」

『なんでまた 目が腫れるまで飲んだりしたんだい?』
「ちょっと飲んでみたかっただけなんですけど、相当飲んじゃったみたいです。
 でも 嬉しい夢をみました。」
『どんな夢?』
「へへへ ナイショです!」

『聞きたいなあ どんな夢をみたんだい?』
「うふふ 絶対言わない!」
『わかった! おいしいものを食べた夢だな。お腹がやぶれるくらい食べたとか・・・。』
「そんなんじゃありません。 でもある意味 おいしい夢かな?」
『なんだいそれ! ますます聞きたい!』
「ますます 言えない!」 
おでこに室長がキスしてくれたことだなんて、絶対に言えない!

『すずりん!教えないと その変装めがね 取リあげるぞ!』
「えっ!それは困ります。 お面を買ってこないと・・・!」

すずりんは二日酔いで 頭はガンガン痛かったが 気にならなかった。
いつもと同じ様に・・・いや、いつもよりも親しく感じるほどに
ミンチョルが接してくれるのが 嬉しかった。


「室長・・・、男の人って変わってますね」
食事の手を止めずに、すずりんが言う。

『何が?』
ナイフとフォークを使う手を止めずに、ミンチョルは聞いた。

「ヒゲがあると 食べづら~い!」

ミンチョルがずすりんの顔を見ると ヒゲにジャムやケチャップがついている。
フッと笑いながら 思わず言ってしまう。
『君って 子どもみたいだな・・・。』 
「ヨンスさんも きっと同じ様にジャムつけますよ~だ。」
『えっ?』
「これと同じもの ヨンスさんのお土産に買いました。」
そんなお茶目なヨンスさんを 是非見たいとミンチョルは思った。

「室長は ヨンスさんにどんなお土産を買ったんですか?」
ちょっとだけニヤリと ミンチョルは笑った。

「あっ!聞かなきゃよかった。!」
ちょっとだけ膨れっつらですずりんが言うと ミンチョルはあたたかい笑顔を見せた。

絶対に叶わない究極の片想いだけれど、
ミンチョルのこともヨンスのことも、両方とも大好きなすずりんは
このままでいいと思った。

自分のことも大切に思ってくれているミンチョルの気持ちがわかり、
これ以上何も望むものはないと、すずりんには思えたのだ。


笑いながらミンチョルと食事をしながら
すずりんは まだ夢の中にいるような気がしていた・・・。


創作劇場【究極の片想い】全13話・・・おわり 





つたない創作文におつきあいくださり、ありがとうございました。
楽しんでいただけましたか?

ドラマ【美しき日々】に関する創作文は、数多く発表されています。
ミンチョルとヨンスのファンはとても多く、その後の二人の姿がみたいという想いから
まるでドラマの続編かと想うような秀逸な作品がたくさん発表されています。

そんな中で、落ち武者すずりんが登場するこの【究極の片想い】は
かなり異色です!
好き嫌いがはっきりと別れるところです。

いろんな葛藤がありましたが
ミンチョルのキャラを大切に、ヨンスとの関係は変わらずに
それだけは気をつけたつもりです。
だから、究極の片想いなんです。

このブログは、ビョンホンファンの集まりではないし
【美しき日々】さえ どのくらいの人がご存知なのかもわかりません。
しかも、作者である”すずりん本人”を知っている人が集まっているので

『ビョンホンとすずりん??? はァ~?!?!』 だったでしょ?

話の世界に入り込めないような状況だったと思います。(笑)

ドラマ本編の終盤では手術室に入るシーンもあるので
落ち武者から普通の女の子に手術してしまおうか・・・とか
いろいろ、アイデアは浮かぶのですが どうしたものか・・・。

創作するのは(上手ではないけど)好きなので もっと書きたい思いもあります。
でも、【究極の片想い】は、はたしてみんなはどうなのかなあ・・・。

続編はどうしようかと 悩んでいます。

非公開コメントでもかまわないし
←のメールフォームからでもかまいませんので、感想をお寄せください。

”すずりん本人”を知らない皆さんも、もちろん歓迎です。
感想をお待ちしています。



FC2 Blog Ranking ←ランキングに参加していますポチっとしてね♪
創作劇場 【究極の片想い (12)】
落ち武者ガールすずりんと、落ち武者ゴリのコラボ企画

ゴルフ場を舞台に
 【ひとめぼれ】 【プロポーズ大作戦】 の2回分の収録が終わった。

休憩時間に、ドラマで見たかっこいいシーンをやりたくて
すずりんを海岸に連れ出したゴリだったが・・・。



※ ビョンホンファンの方は怒らないでね。
その前に、読まない方がいいかもしれません・・・。

もしも読んでしまったら、”おもいっきり片想いのすずりん”に
同情してやってください(笑)

創作劇場はこちら ↓ ≪つづきを読む≫ をポチっとしてね。

続きを読む

創作劇場 【究極の片想い (11)】
OBを、「フォー!」なんて叫んでしまうすずりんは
ちゃんとゴルフができるのでしょうか・・・?
すずりんにひとめぼれのゴリとは どうなるのでしょうか・・・?
そばでみているミンチョルは・・・?




※ ビョンホンファンの方は怒らないでね。
その前に、読まない方がいいかもしれません・・・。

もしも読んでしまったら、”おもいっきり片想いのすずりん”に
同情してやってください(笑)

創作劇場はこちら ↓ ≪つづきを読む≫ をポチっとしてね。

続きを読む

創作劇場 【l究極の片想い (10)】
すずりんとゴリさんとの収録がはじまる・・・。
ミンチョルに見守られながら・・・。




※ ビョンホンファンの方は怒らないでね。
その前に、読まない方がいいかもしれません・・・。

もしも読んでしまったら、”おもいっきり片想いのすずりん”に
同情してやってください(笑)

創作劇場はこちら ↓ ≪つづきを読む≫ をポチっとしてね。

続きを読む

創作劇場 【究極の片想い (9)】
ミンチョルとヨンスは、困難に立ち向かいながら愛を育んでいた。
誰よりも近くで、ふたりの様子をすずりんは見ていた。

砂漠で水を求める旅人のように、
ミンチョルがヨンスを求めていることも、
ミンチョルのぎこちなく不器用な愛情表現に
戸惑いながらも全てを受け入れるヨンスが
ミンチョルを深く愛していることも、
すずりんは見ていた。

第3者だからこそ、ふたりの求め合う心が手に取るようにわかる。

しかし、すずりんもまた、ミンチョルへの想いは膨らむ・・・。
ふたりを応援するために自分はここにいる。
そういう契約なのだ。
わかってはいるけれど・・・。



♪ やさしく~時は流れすぎて~ ♪
八神純子さんの歌う 【思い出は美しすぎて】です。

今回はストーリーよりも先に この曲が頭に浮かんでしまいました。
どうしても いつものおちゃらけワールドに展開しなかったので 
思い切って 感情のままに書いてしまいました。


【 思い出は美しすぎて 】 作詞・作曲 八神純子

  やさしく時は流れすぎて
  ひとり ふりかえる
  今でも あなたのほほえみを
  感じることがあるのよ
  思い出は 美しすぎて
  それは悲しいほどに
  もう二度と手の届かない
  あなた 遠い人

  思い出は美しすぎて
  それは悲しいほどに
  もう今は 別々の夢
  二人 追いかける



今でいう夏川りみちゃんのように 
声量があって とくにのびやかな高音に透明感のある 
八神さんの代表的な曲です。



※ ビョンホンファンの方は怒らないでね。
その前に、読まない方がいいかもしれません・・・。

もしも読んでしまったら、”おもいっきり片想いのすずりん”に
同情してやってください(笑)

創作劇場はこちら ↓ ≪つづきを読む≫ をポチっとしてね。

続きを読む

創作劇場 【究極の片想い (8)】
沈着冷静、スマートな身のこなし、にじみ出る育ちの良さ。
ミンチョルに憧れる女性は多い。

そんな彼と、暗闇に閉じ込められたら・・・。



※ ビョンホンファンの方は怒らないでね。
その前に、読まない方がいいかもしれません・・・。

もしも読んでしまったら、”おもいっきり片想いのすずりん”に
同情してやってください(笑)

創作劇場はこちら ↓ ≪つづきを読む≫ をポチっとしてね。

続きを読む

創作劇場 【究極の片想い (7) 】
テレビ局での出来事は予想外だった。

しかしすずりんは、この事件から気付いたこともあった。
自分が思っていたよりも どんなにミンチョルを頼りにしているか・・・。
彼がいないと、どんなに心細いか・・・。
はじめは単なる憧れだったはずなのに・・・。
憧れの室長の言いつけなら、なんでも出来る。
だから、
カムフラージュ役でも何でもやろうと
今まで必死でついて来た。

角材事件で、これまでにない心細さを感じた今
すずりんの胸の中で、変化がおきた。

水面に小さな石が投げ込まれたように、
ミンチョルの存在が 波紋となって
徐々に大きく、大きく、
すずりんの胸の中で広がっていった・・・。



※ 今回は、以前UPしたスヒョンバージョンです。
第1話~第6話までを読んだ後にあらためて読むと
印象が違って読めると思います。


※ ビョンホンファンの方は怒らないでね。
その前に、読まない方がいいかもしれません・・・。

もしも読んでしまったら、”おもいっきり片想いのすずりん”に
同情してやってください(笑)

創作劇場はこちら ↓ ≪つづきを読む≫ をポチっとしてね。

続きを読む

創作劇場 【究極の片想い (6) 】
大好きな室長からもらったピンクのリボンと、
大事なポケベルを残して
忽然と姿を消したすずりん。

今回はサスペンスタッチストーリーの 解決編です。





※ ビョンホンファンの方は怒らないでね。
その前に、読まない方がいいかもしれません・・・。

もしも読んでしまったら、”おもいっきり片想いのすずりん”に
同情してやってください(笑)

創作劇場はこちら ↓ ≪つづきを読む≫ をポチっとしてね。


続きを読む

創作劇場 【 究極の片想い (5) 】 
帰りの遅いすずりんを捜しに出たミンチョル。
ポケベルの音をたよりに、ようやく近くまでたどりついたが
あと少しのところで 何者かに後ろから羽交い絞めにされる。

一方、すずりんのいる衣裳部屋にも、誰かが入ってきた。

すずりんの運命は・・・。
ミンチョルはすずりんを救出できるのか・・・。




※ ビョンホンファンの方は怒らないでね。
その前に、読まない方がいいかもしれません・・・。

もしも読んでしまったら、”おもいっきり片想いのすずりん”に
同情してやってください(笑)

創作劇場はこちら ↓ ≪つづきを読む≫ をポチっとしてね。

続きを読む

いらっしゃいませ
今何人いるの?
現在の閲覧者数:
カーエルの予言
過去記事検索
いつ書いたかな?
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のネタだよ♪
コメント感謝です♪
応援ポチしてね♪

FC2ブログランキング

カテゴリー
コマーシャル
掲示板にも遊びに来てね~♪

すずりんのお気に入り
また来てね♪
月別アーカイブ
文字の大きさ
運だめし♪

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
すずりんへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックバック(記事紹介)
06,01,30~
どのくらい?
全タイトルを表示
プロフィール

suzurinn

Author:suzurinn
B型、さそり座、亥年。
天王星人(-)
血液型動物占いでは、ひつじ。
特技はバスケ、食べる、寝る。

無料投票コーナーどすえ
質問 どんな映画が好き?
洋画 ラブスーリー
洋画 サスペンス
洋画 人間ドラマ
洋画 スペクタクル
洋画 痛快娯楽劇
洋画 なんでも好き
邦画 ラブストーリー
邦画 文芸作品
邦画 推理作品
邦画 TVシリーズ続編
邦画 痛快娯楽劇
邦画 人間ドラマ
邦画 時代劇
邦画 なんでも
アジア系(韓国・中国他)

コメント



- リサーチ/アンケート -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

すずりんのネタ拍手ランキング
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。