現在の閲覧者数:
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校卒業式
今日 3月9日は 
うちの次男坊 ペイちゃんの高校の卒業式だった。

入試関係の諸事情で 午後からの式になった。

昇降口で受付を済ませて 体育館に行くと
吹奏楽部の在校生たちが BGMを演奏している。
これがまた とっても上手♪♪♪

そういえば・・・
3年前の入学式のときも 吹奏楽部の演奏があったっけ。

今年は TBSドラマで人気だった『仁』のテーマ曲など数曲演奏してた。
とってもいい曲を 上手に演奏してくれるから
卒業式が始まる前なのに もうジーンときちゃう。

そろそろ卒業式が始まる。
卒業生入場。
ペイちゃんが入場してきたら撮ろうと携帯を構えていると
ジャストなシャッターチャンスに
隣のおばあちゃんがモソッと立っちゃった。
マジか!? あ~あ・・・。

開会の辞
国歌斉唱
校歌斉唱
卒業証書授与
学校長式辞
教育委員会挨拶

ここまで 誰からも私語が出ず
生徒も 保護者も 在校生も
みんなが粛々と 厳かに 大切に式が進行された。

【 送辞 】

2年生の男子が 静かに読み上げる。

どんな行事も どんな困難も
生徒たちで乗り越えてきた。
そこには 先輩と後輩の信頼関係もあった。
いつも先輩たちの背中をみて頑張ってきた。
これからは自分たちが 
後輩たちを引っ張っていかなければならない
責任の重さと 心細さと
複雑な思いを吐き出し
ときどき声を詰まらせながら
先輩たちへの感謝の想いを 切々と読み上げる。

じわ~っと胸にせまる いい送辞だった。


【 答辞 】

卒業生代表の男子。
内容を聞いていると この子は生徒会長かな?

体育祭では 応援団存続の危機に直面し
各団長と話し合い みんなで必死に乗り越えた。
決して弱音を吐かない女子が
ひとり泣きながら 文化祭の準備をしていた。
実行委員会の立場の苦労 生徒会との調整の難しさなど
ひとつひとつのエピソードを振り返る。

当事者からすると 「えっ! 知ってたの?」的な場面を
ちゃんと見ていたんだね。

口に出して言わなくても
人の背中をちゃんと見ていたこの子は すばらしい!!!

だからこそ 人の苦労をわかっていたから
人と人の心を繋ぐことができた。


応援団長と生徒会 
同じような立場だった我が子 ペイちゃんも
この答辞を聞きながら 走馬灯のように思い出し
泣きだしちゃったかもなあ・・・。
嗚咽だな、きっと・・・。


振りかえると春の体育祭でも 
開会式で流れたイヤ~な空気を吹っ飛ばした
この生徒会長の勇気に 心から拍手を送ったけど
やっぱり この子はオトナなんだなあ・・・。

終盤 

先生方に 3年間ありがとうございました。
とお礼の言葉を言ったあと

「父さん・・・。」

 とても穏やかなトーンで語りかけた。

「いつも 本気で心配してくれて ありがとうございました。」

「母さん・・・。」

「いつも明るく笑わせてくれて 優しく見守ってくれて 
    ありがとうございました。」

なんと やさしい語りかけだろう・・・。
ポローっと 涙がこぼれた。
まわりの親御さんたちも 急に涙をふく姿があちこちに・・・。

そして最後には 280人の仲間たちに

「3年間 一緒に頑張ってこれてよかった。
  進む道は違っても これからも一緒に歩んでいこう。」


もう ボロボロだよ。
なんて心に残る いい 答辞なんだろう。

卒業生合唱 
閉会の辞

退場のとき今度こそ携帯で撮ろうとしたけど
やっぱり駄目だった。

全クラスの卒業生が退場したあと
ひとり 男子生徒が残っている。
あれっ!?
答辞の大役を果たした あの生徒会長かな?

するとその生徒は 
ステージに向かって右側の来賓席に深くお辞儀をした。
次に 左側の職員席にも 深くお辞儀をした。

最後に 体育館後方の保護者席に向かって
深々と 深々と  頭をさげた。
1秒 2秒 3秒・・・
ゆっくりと やっとの思いであげたその顔は
涙でくしゃくしゃになっていた。
肩もふるえていた。

卒業生を送り出していた拍手の音が
最後の一人に向けて 一段と大きく鳴り響いた。

    

鳴りやまぬ拍手のなか
泣きながら 泣きながら 
でも 歯をくいしばって ひとり退場していった。

こうして
平成23年度 都立○○高校の卒業式が終わった。

立派で あたたかくて

とてもいい 卒業式だったよ。


卒業 おめでとう



前にも話したけど この高校は
学校祭の中に 体育部門と文化部門があるから
学校主催じゃないんだよね。
生徒が主体となって運営していく。
【 自主自立 】 が教育方針なんだそうな・・・。
だから もがき苦しみながら生徒は成長するんだね。
先輩と後輩関係も 仲間の関係も
絆が強くなっていく・・・。
その環境から こういう卒業式になるんだね。
いいねえ・・・。

先生方の影は とっても薄いけど
『 主役は生徒たちなんだ! 』 っていう信念で
運営してきた結果なら 
ものすごい成果なんじゃないかな。







ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト
体育祭(その4)
閉会式・・・。

まず学校長講評。
異動したばかりの現場では まず1サイクル流れを見ることって大事ですよ。
前任校では・・・ 前の職場では・・・
いろんな想いはあるだろうけど
まず 着任した現場の空気を肌で感じてから
良いところは認めることから始めた方がいいね。
認めて伸ばしたうえで こうするともっといいんだがなあ・・・って
問題点の改善の可能性を探すといいね。
教育現場では 焦ったってしょうがないんだ。
今クチを酸っぱくして生徒に言ったことが
何年もたってから 
「先生が言ってたのはこのことか・・・。」って気付いたら
それが教育の成果だと思うね。

すぐに結果の出る教育と
時間の経過とともに成果の出る教育がある。

30年も前に私が教壇に立ってたころ
先輩先生たちが雑談の中で私に教えてくれた・・・。
笑い話をしながら いろんな失敗例を話してくれて
青二才の新人教師を育ててくれた。
私も 良い先輩に恵まれた・・・。



さて 結果発表~!

まず2位から発表します!
ドラムロール ドドドドド・・・。

黄組!

ウォ~!!! 

残るは 赤組と青組。
どっちかが1位で どっちかが3位。

3位は! 
ドラムロール ドドドドド・・・。

青組!
青組からは落胆の声が聞こえる。

ってことは?
赤組 優勝?

ぎゃー!
ウォー!
歓喜の雄たけびが爆発する。

あっ!
ペイちゃん 泣いちゃった・・・。
みんなが取り囲む。
肩をたたく。
ハグする。
よかったな! 
よかったな!
おめでとう!


続いて 応援合戦の結果発表。

1位  赤組!

ぎゃー!


更に 各学年のクラス成績発表。

3年・・・1位は 5組!

やったー!
ペイちゃんのクラスだあ~!

ペイちゃんが目標としてきた去年の団長は
総合優勝と 団優勝の 2冠だった。

ペイちゃんが大将となった騎馬戦で2敗してしまって
しかも自分も残れなかったから
責任を感じて そうとう落ち込んだと思う。

でもね
一人で闘うもんじゃないんだもんね。
全員で一丸となって闘った。
みんなが力を出して闘った。
そして クラス優勝も果たし 3冠を達成したんだ。

こりゃ泣くわな!
泣けて泣けて ペイちゃん立てない!。

みんなに胴上げされる。
嬉しいぞ~ォ!

表彰式ではかなり落ち着いてきたみたい。

本部テントの後ろから見ていた私に
お母さんが声をかけてくれた。
握手を求められる。

「どうも~ よかったですねえ~。」
ええ~っと どなただったかなあ・・・。

また一人 また一人と お母さん方に声をかけられる。
「ペイ君 まじめだから 苦しかったんじゃないですか?」
「ペイちゃん 頑張ったねぇ。」
「大変だったと思うわあ・・・。」

みなさん ねぎらってくれる。
が どなたかさっぱりわからなくて 申し訳ない。

いいえ。周りの皆さんに恵まれて楽しかったと思いますよ。
甘えん坊で 泣き虫だから お友達に迷惑かけたんじゃないでしょうかねえ。
皆さんが投げ出さずに頑張ったんだとおもいますよ。

団長のチカラじゃないんだよね
みんなの力が結集した その結果なだけなんだけど
やっぱり 頑張ったんだね。

先生が声をかけてくれた。
「いろんなところで板挟みになって まじめなペイ君は苦しかったと思います。
 家で 荒れなかったでしょうか?」

ええ~っと この先生 何先生だっけなあ・・・。
ホント 申し訳ない。

またお母さんに声をかけられた。
「よかったですねえ・・・。」

でも なんでみなさん 私を知ってるんだぁ・・・。
えっ?
1年のときの保護者会での話が印象的だった?
何話したっけ・・・。
むかしから保護者会に出席すると
笑いを獲ることばっかり考えてるからなあ・・・。
ウソは言わないけど・・・
えっ? 「ペイ君のほれてまうやろ~!!!」
ああ~! 1年のときのアレね・・・。

っで 今年の体育祭で声かけてくれたんだぁ。
きっかけがないと 話しかけづらいもんね。
ペイちゃんのおかげで また人とのつながりができたよ。
ありがとね・・・。

先生には
「団員のみんなや 他の組みの団長や 実行委員のみなさんと
 よ~く話し合ったりして なんとか消化したようで
 家で八つ当たりしたり 荒れたりとか そんなことはなかったです。
 ご心配いただいて ありがとうございました。
 まわりのメンバーに恵まれて 幸せな子です。」
と答えた。

確かにいろんな板挟みになっただろうな。
学校側と団員の板挟み。
生徒会役員も兼務してるから 生徒会と団との板挟み。
実行委員と一般生徒との板挟み。
団員と一般生徒との板挟み。

苦しかっただろうけど 学校帰りにみんなで食事したり
バンドの演奏に没頭したり
中学時代の友達とバスケをしたり
ときどき 「あのね・・・」って私に話したり
ちょっとずつ どこかで
不満のガス抜きをしてた。

そういえば 目標とした去年の団長は
いつもニコニコしてて
誰とも 一回も ケンカしなかったらしい。
ケンカや言い争いにならないように
事を運ぶことに心を砕いた先輩だったから
尊敬してるんだって 言ってたなあ。

そうかそうか。
険悪なムードになることなく頑張れば
チームの雰囲気は良くなるね。
3年からいいムードが流れれば 2年も1年も
それにならって 全力を出せるね。
良いこと 経験したねえ。


進学校を目指す学校にとって
体育祭や文化祭は 時間がもったいないと思うかもしれない。
できれば削りたいだろう。

うちのダーリンも 私立の中高一貫進学校の出身だから
修学旅行さえ行ってないそうな・・・。
スキー教室や 臨海学校での遠泳はあったけど
訓練の位置づけばっかりなんだって。

勉強ばかりでは得られないいろんなこと
生徒たちは経験するんだよね。
大人になるうえで とっても大事なことを学ぶ。
【 心の汗 】をいっぱい流すんだ。

大縄跳びは心を一つにしなければ 続かない。
クラス全員リレーは
能力の個人差をどうカバーするか 走る順番や
バトンゾーンの使い方を工夫する。
運動の苦手な子を責めるんじゃなくて 
不得意なことは 得意な子がカバーするってことを学ぶ。

応援団の衣装を縫ったり 差し入れを用意したりと
運動が不得意でも 参加の仕方は人それぞれ。

意見がぶつかったり 不満がでたり
困難をどう克服するかが 体育祭や文化祭の最大の
教育目標じゃないのかね。

勉強と行事のメリハリをつける。
それも大事なこと。
ダラダラ引きづらないように 注意喚起して
修正してやる。
それが 学校の役目じゃないかと 私は思う。


今年の体育祭。
大きなケガもなく みんなが若さを爆発させて楽しんだ。

実行委員長の 閉会式での挨拶は
無事に終了できたことの喜びと
短期間で仕上げた全生徒へのねぎらいと
夜も遅くまで準備に力を注いだ実行委員の仲間たちへの
感謝の言葉だった。


高校生活最後の体育祭 楽しかったね。

私にとっても
息子の体育祭はこれで最後。

思い出深い 一日になったよ。
ありがとう。
お疲れさま・・・。





《 お わ り 》





ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
体育祭(その3)
さて 応援合戦!

昨年はペイちゃん モヒカン頭だった。
ジェルでそういう風にセットしてたんだけど
「いってきまあ~す」とふつうに出て行ったのが
学校で見たらモヒカンじゃんか!
しかもモヒカンがいっぱい!
携帯でズームにも限界があって 見失うことが何回もあった。

今年は団長だから最前列の中央。 もう見失わない。
今年のヘアーは ぺったんこで前髪がクルリン。
ええっとねえ 
「ジュンでーす! 長作でーす! 
  三波春夫でございます。(ばちーんと両側からビンタ)」
レッツゴー三匹のあの ジュンさんの髪型だ。
わかる人(わかる年齢)にはわかるね。

ペイちゃん率いる赤の組のテーマはバレンタイン。
初めは女の子のほわっとキュンとした気持ちの表現。
次に男子が登場して元気にワンパクな感じかな。
女の子と男の子の行ったり来たりな心の動きを表現しながら
最後はチョコレートが登場して
ハッピーバレンタイン。

次は青の組
不思議の国のアリスをテーマに かなりユーモラスな表現。
CMの ” 消臭力 ”の音楽が流れたり
” ドドスコスコスコ ラブ注入~ ”も出てきたりと
元気いっぱい 若さがあふれてた。

最後は黄色の組
衣装もカラフルに とにかくフレッシュな感じ。
団長の号令も元気よく
ラストは 「ずっとずっと仲良く暮らしましたとさ・・・」と
ハッピーエンド。

全チームの演技が終了すると
本部席前に 3つのチームの応援団が集合し
「今日は見に来てくださってありがとうございました。」と
一番ハキハキと声のとおる黄色の組の団長が代表してあいさつ。
全員がお辞儀をすると 大きな拍手に包まれた。

部や 同好会の3人4脚リレーは楽しさいっぱい。
部のメンツがどうとか そんなの関係なく
うまく走れないと
両脇の選手が真ん中の選手を抱きかかえて走ったり
客席とボールをパスしながら走ったり
文化系も体育系も入り混じって 楽しい楽しいリレー。
実況放送する生徒は
「○○部さん 頑張ってください。」と言いながら
笑ってしまう。

次の800m走はキツイ。
中距離ってのは 陸上競技でもキツイ部類だもんね。
全力走の瞬発力と マラソンの持久力の両方必要。
それでもぶっちぎりの子っているんだね。
一生懸命走る姿って イイね!
知らない子でも応援したくなる。
ガンバレ ガンバレ。

さて いよいよ騎馬戦だ!
初めに女子戦。
騎乗の選手が体育帽を獲りあう。

先生方が審判兼補助に付く。
落ちた生徒が大ケガしないように
ちゃんと受け止めてくれる。
危険だからと何でも禁止にしなくても
こうやってちゃんと安全に配慮してやらせてあげたいね。
実践して知ることってたくさんあるから
子供たちには体が柔軟なうちに やらせてあげたい。

時間制限のうちに 何騎残ったかを競うルール。
残った騎手の中に 副将がいれば 5ポイント加算。
赤×青 青×黄 黄×赤
各チーム2戦やった成績が得点に加算される。

女子の次は 男子の騎馬戦。

男子は上半身裸で 騎手を直接倒すわけ。
引っかき傷など作らないように 軍手はしてる。

女子と同様に
闘いの前には 両軍の大将が前に出てまず「お願いします!」と
全員で挨拶をする。
戦国時代の
「やあやあ 我こそは○○の国の誰だれであ~る。尋常に勝負勝負~!」
名乗りをあげてから闘う あの名残なんだね。
だから 胸の前で腕を組んで エッヘンなポーズ。

開始の合図とともに両軍入り乱れて闘いが始まる。
大将めがけて突っ込んでくる敵を ガードの騎手たちが応戦する。
激しい闘いが繰り広げられる中
腕を組んでエッヘンなまま戦況を見守っていた大将に敵が迫る。
つかむ!
つかまれる!
体重をかけられる。
押し返し のしかかる。
騎馬 負けるな。
踏ん張れ!
両騎ともに崩れた。
勝敗は?
じきにタイムアップとなり 試合終了。

赤組は 負けてしまった。

1戦休んだ後 次は青組と勝負。
例によって 両腕を組んでエッヘンしてると
一気に敵が来た。
あれっ? もう勝敗がついたの?

2戦めも 赤組は負けてしまった。

あとでペイちゃんに聞いたら
青組には一騎 とてつもなく強いのがいるから
迫ってきたら避けろ! と指示していたらしい。
開戦とともに そのモンスター的な騎馬がくると
わあ~(避ける)  
わあ~(避ける)  
わあ~(避ける) と 次々に騎馬が避けたら
ペイちゃんの大将騎まで ポッカリと道が開き
モンスター騎が攻め込んできたと・・・。
「早っ! 」 思ったときにはもう組みあってた。
強かった~。

そうかそうか。
頑張ったけど 残念だったね。

ビデオテープが残り2分になっちゃった。
テープ交換して 次の競技に備える。
学年別 団対抗リレー。
これは優勝の行方を大きく左右するから
フルに録画しよ~っと。

次のムカデリレーは3年生全員参加。
あれっ?
バッテリー切れ 警告表示。
ウッソー! 
マジでぇー?

騎馬戦が最大の見せ場だと思ってたら
ムカデリレーのアンカーには 各組の団長が先頭じゃんか。
6組のムカデがリレーして最後のコーナーを曲がってくる。
本部前のゴールテープを切ったのは ペイちゃんだ!
ガッツポーズしてる。
赤のふた組がワンツーフィニッシュ。
歓喜に沸く 赤の組の生徒席。

あああ~痛恨の失敗だよ。
バッテリー切れなんて・・・。

最終種目のファイティングロープも盛り上がった。

グランドのトラックの真ん中には 長方形のフィールドがある。
その対角線に綱引き用のロープが置かれ 斜めになっている。
長方形の両方の短辺に並んだ2チームが
スタートの合図とともに猛ダッシュして 長方形の角を回り
真ん中のロープを獲りあう。
そこから綱引きになる。

対面したチームで競う 棒取りゲームの変形だね。

これが迫力があるんだ。
角の内側を通過して反則負けにならないように
必死に走る。
敵よりも一瞬でもはやくロープをつかんで引っ張らないと
スタート段階で綱引きに負けてしまう。

迫力あるねえ。
面白いねぇ。

これも 騎馬戦と同じように
各チーム2戦の 総あたり戦? だ。


全プログラムを終了して 集計に入る。


優勝はどのチームだろう・・・。


《 つ づ く 》





ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
↓ 
体育祭 (その2)
ペイちゃんが団長なのは (その1)で話したけど
開会式で何かやるかもしれないと思い
8:30には学校に着いた。

開会式 8:45~

1 開会宣言
2 校歌斉唱

予定時刻をだいぶ過ぎたころ やっと始まった体育祭。
前日の雨がたまったグランドを
生徒たちはスポンジで水吸って必死に整備してたんだ。
朝7時から登校して会場設営したんだよ。
その前に団の練習するために
うちのペイちゃんは5時半に集合した。

実行委員の生徒たちもだいぶパニクっていたそうで
2転 3転する事態にプログラムができあがったのは前日。
かわいそうに・・・。

学校の体育祭(運動会)っていうのはね
来賓に招待状を送るときにはプログラムも同封するのが通例。
近隣の家々にも 「ご迷惑をおかけします」って
挨拶代わりにプログラムを配ったりする。
だから前日にやっと出来上がるってのは
本当は考えられないことなんだよね。
いくら生徒主体であっても 
そこは学校が教えてあげないと・・・。
いわゆる 「ご指導ご鞭撻・・・」ってそういうことでしょ?
見守る のと ほったらかしは 全然ちがうんだよなあ。
だけど・・・直前に2転 3転って何だ?
ほったらかしだったんか?

実行委員のあわてぶりにイラついたのか
学校長の挨拶はちょっと感情的。
説教から始まり グランドはシーン・・・。
確かにそうだけど・・・言いたいことはわかるけど・・・
生徒達だって高揚してるんだ
言い方ひとつじゃないかな。
聞いてる子は ちゃんと聞いてる。

「高ぶる気持ちはわかりますが こういうときこそメリハリをつけて
 大きなケガのないように 充実したものにしてください。」

そのくらいの表現はしてほしかったなあ。
進学レベルが向上して 先生たちの鼻息も荒くなる
賢い子たちの通う高校なんだから・・・。

学校長により シーンと というか
ドヨーンとした空気になった中
次に号令台に乗ったのは 生徒会長。
実行委員の黒いTシャツの下には 赤 青 黄の
3チームのTシャツを全色着てる。
次々とそのTシャツを脱ぎながら 全チームを激励して
全体を明るい空気に持ち直した!

エライぞぉ~!
よく跳ね返したぞぉ~!
勇気のある子だなあ。

続いて 実行委員長の挨拶。

生徒会とは別組織で 体育祭実行委員も存在する。
きちんとした挨拶で感心する。

諸注意のあとは 優勝杯の返還。
去年の優勝チームだった組の 今年の団長はペイちゃん。
総合優勝のカップと 応援合戦優勝のカップを返還した。
『 絶対 取り返そうぜ! 』 士気も上がる。

選手宣誓になり
3チームの各団長と副団長 団旗が集合する。
それぞれに 闘志を燃やしつつ協力して宣誓。

さあ! 競技開始。

プログラム1番は 全員参加の大玉送り。
いきなりの得点競技で 勢いづけられるか
今日の勝敗の行方にも影響する。

1回戦はペイちゃんの組は1位。
1年生から3年生までの生徒の前を走りまわり
「ありがとう! この調子で!」と
みんなの気持ちを盛り上げる。

去年の団長が大好きで
団長としてだけでなく 男として 人として
いろんな影響を受けた。
団の練習から帰ると よく団長の話をしていたから
体育祭当日はその子を良く見てたけど
良いお手本になる 良い先輩の下で活動できて
ペイちゃんは幸せだなあと 感謝した。

あの団長を目標にして
今年はペイちゃんも頑張ってるぞ!

午前のプログラム中盤で 有志の演技があった。
赤も青も黄も関係なく
有志で集まった生徒たちが 行進演技をしたり
チアリーダーみたいに フラッグ演技をしたり
ソーラン節を和太鼓の演奏で踊ったり
いくつかのグループが演技を発表した。

私の近くにいたお母さんたちの話によると
行進隊は人数が規定に達しなくて参加許可が学校から下りなかった。
3日前にやっと人数が集まって認められた。
学校での練習は認められず
公園での練習は 敷地外だから認められず
(なんじゃそれっ!)
練習ができなかった。
揃いのシャツは昨日 全員分をまとめて買いに行った。

知らないお母さんだから会話には入らなかったが
大変だったんだねえ。

3日前にやっと集まった?
あきらめずに頑張ったねぇ!
場所間違えて慌てた子も多少いるけど ご愛嬌の範囲。
ぜーんぜん 問題ない!
よくまとめたねえ!
褒めてやらなきゃ!
よくやったよ! 
あきらめずにやった! それが一番大事だよ!
先生! 褒めてやってよ~!

その前に
プログラム作成の関係もあるから何日前までに人数が揃わなければダメ。
理由を示したうえで ハッキリと線を引くべきだった。
そうすれば実行委員も右往左往せずに済んだね。

その 線の存在を知る いい機会だったのにね。

午後の部
最初に登場するのは お隣の保育園から参加してくれる和太鼓。

小さな和太鼓を 
小さな園児たちが チカラいっぱい披露してくれる。
かわいいなんてもんじゃない。
チョーかわいい!
「ヤア!」なんて掛け声とともに バチを振り上げ
ポーズを決める!
拍手喝さいだよ。 
スゲーかわいい!

次に登場は
いよいよ応援合戦だ!



《 つ づ く 》





ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
体育祭 (その1)
一昨日は 次男坊ペイちゃんの高校の体育祭だった。
体育祭というより 学園祭の体育部門という位置づけなので
生徒の手によって進行される。

先生方は テントに教員席があって
来賓の方々と一緒に見学するんだね。
大声張り上げて先生が走り回るなんてのはない!

一昨年 初めてこの高校の体育祭を見たときは
「体育祭なんだから キビキビやらんかい」って
ちょっとイライラしたけど
半日みてて気がついた。

「ああ~ 生徒たちで運営してるのね じゃ、仕方ない。」

入場門で整列させたり 進行表をみながら人を動かしてるのは生徒たち。
汗だくになって走り回って
声を枯らして指示してる。

がんばれー!

団体を時間どおりに動かすって 難しいんだよ。
人数確認だって 要領がよくないと時間がかかるもの。
「ならんでくださ~い」
「しずかにしてくださ~い」
 なんてやってるまに どんどん時間は過ぎていく・・・。
ましてや高校生ぐらいの年頃は
「めんどくせえ~。」
「かったりい~。」なわけでね 時間がかかる。

そんな 生徒たち手作りの体育祭が
今年はちょっと苦労したらしい。

というのも
校風を変えようとする動きが学校側にあったから・・・。

数年かけた努力が実を結び 進学大学のレベルが向上した。
更に近年の不景気から私立離れが加速して
公立高校への受験生が増加。
そして昨年 都立高校の学費免除だ!
ということは うちの高校は都立だから
受験倍率は上がるし 
より学力のある生徒たちがぞくぞくと入学してくる。
さあ 学校側の鼻息も荒くなる!
大学との推薦枠も広がり 有名大学への道も広がっている。
校長も今年異動してきた!
鼻の穴が 勢いよく広がっちゃったねえ!

っで!
体育祭とか 文化祭とか 縮小してもいいんじゃないか?
ちゃちゃっと早くやっちゃうべ!
と言ったかどうかは知らないが
例年よりも 半月早い開催となった。

うちの高校の体育祭は応援団が最大の魅力。
詰襟の黒い学ラン着て白い手袋で ウオー! というのとは違って
色でいうなら 赤組 青組 黄組の3チームが存在する。
(名前は赤とか青とかじゃなく 地組 水組 光組と別名がある)
各学年がクラス単位でその3チームに分かれる。
1・2組が赤 3・4組が青 5・6組が黄 みたいなね!
全校が 3色のチームに分かれた中から
さらに応援団という組織を作る。
各学年から10数人ずつが参加して 3学年合計で50人前後の
各チームの ” 応援団 ”が結成される。

応援合戦は ” 団 ”に所属する生徒たちの
いわば 応援コンテスト的な感じ。

各チームがテーマを決めて物語風に構成する。
衣装を考え 手縫いして BGMは何曲も繋いで作る。
全体 グループ 3人組 男子 女子
横隊や 縦隊や 星型など  
次々と隊形を変えながら音楽に合わせて
グランドいっぱい使って ダンスを踊る。
曲の終盤には まるで舞台装置のように作り上げた
テーマを象徴するような装飾も登場し
立体的にも構成する。
規定時間内に退場するまで すべてにおいて審査員が採点して
閉会式には 競技の勝敗とは別枠で
応援合戦の順位も表彰されて 優勝カップが授与される。

競技でも
すべての競技は色別で対抗戦だから
応援団長 イコール チーム主将なわけで
当然 騎馬戦の大将も応援団長がやる。

ダンスの練習はとにかく時間が必要で
休日も学校に行ったり どこかの公園に集まったりと
勉強どころじゃない期間になる。
部活に所属してる生徒は どっちを取るか悩むけど
期間限定のこの時期は応援団の練習を優先する子もいる。

そんな一大イベントながら 
今年は例年よりも開催日が早く準備期間が短い。
なのに更に 団に所属していない一般生徒も応援合戦に参加させるように
と学校側からのお達しがあった。
時間をかけなくても簡単にささっとできる応援にして
勉強に 部活に と優先順位を正常化させたい学校側の思惑なのか・・・。


そんな状況の中 うちのペイちゃんは

なんと!

赤組の団長なのだー!!! 




《  つ づ く  》





ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
↓ 
売ったわ!
前回の記事で紹介した 【検便キット】で
悪い菌を保有してないことが証明されたすずりんは
息子の文化祭に参加し 無事に販売のお手伝いをしたのでした。

いろいろと段どりの連絡は入るものの
いったい何を売るための検便なのかサッパリわからなかったから
検便までして何を売るのやら・・・謎だったのよね。

っで、何を売ったのかというと
おにぎりとパン類とパック飲料でした。

それも 業者が作って包装したものを仕入れて売ったので
食品には直接手を触れることもなく とっても安全。
誰かが 「腹いてぇ(おなかがいたい)と言ってきたとしても
絶対オイラじゃねえぜ!って言いきれるわね。

私が分担したのは 文化祭2日目(最終日)の午後から・・・。
おにぎりやパン類は次々と売り切れてしまい
大量に仕入れたパック飲料を売りきらねばならない
そんな時間帯・・・。

実は前日がスゴイ雨だったから 冷たい飲み物は
販売予定数に達しなかったそうで 翌日に持ち越されてしまった。
どうする?
ここで飲み物売ってることわかりづらいんじゃないかな?
トレーに乗せて 売り歩く?
それはマズイかもね・・・。
じゃあ 教室の入り口に立って 呼び込みしましょうか?

看板女優ならぬ検便女優すずりんの登場だ!
検便女優になれるのは 全員なんだけどね。
そういう恥ずかしいことは オイラの出番だな。
1年生の親だし!

「冷たいお飲物はいかがですか?
 よく冷えた飲み物が1本100円です。中でどうぞ~。」

廊下を行くお客さんたちは ニヤっと笑って通り過ぎる。

「サンタ(の扮装をしている)のお兄さん、暑いでしょ?
  冷たい飲み物はいかが?」

サンタのお兄さん(高校生)はギャハハハと笑って通り過ぎた。

「ピンクのリボンのかわいいお姉さん(高校生) ノドかわいてなあい?」

ウフフ だいじょーぶです。  通り過ぎた。

「ガチャピンさーん! ノドかわいてなあい? 冷たい飲み物あるわよ~。」
「ピカチューのお姉さん、1本100円ですよ いかがですか?」
「おっと、和太鼓演奏してたお姉さんかな? 暑かったでしょ。冷たい飲み物ありますよ。」

扮装している学生さんは声をかけやすい。
もちろん 制服の学生さんにも絶えず声をかける。

一般のお客さんにももちろん にこにこの笑顔で声をかける。

ボチボチお客さんが入ってくれた。

買ってくれたお客さんにはひとこと声をかける。
「最後のおにぎり買ってくれてありがとうね。
  きっといいことがあるよ。 ありがとう。」

「食べ物売り切れちゃってごめんなさいね。
  飲み物買ってくれてありがとう。きっといいことがあると思うよ。
  本当にありがとうね。」

~ 1本80円に値下げです! ~ 伝令が来た。

「ただいまから1本80円に値下げです。 いかがですか~?」

「そこの王子様 冷たいお飲物はいかがですか?」
演劇発表で シンデレラの王子様を演じた高校生が通った。
・・・・・・・・。
スルーされてしまった。

~ 1本50円に値下げです! ~ 再び伝令が来た。

「あら大変 1本50円になってしまった!
  いいときに通りかかりましたねえ~。 
  50円ってのは安いと思うのよ~。ノドかわいていませんか~?」

もってけドロボー! 状態だけど
ここで フーテンの寅さんになるわけにもいかないよね。
けっこう毛だらけ猫灰だらけ。●●のまわりは○○だらけ~・・・なんて言えない。
飲み物だもんねえ・・・。

そこのお兄さん、50円ポッキリだよ~!
なーんていったら いったい何のサービスかと思われちゃうかな?
だからあくまでも 品よく 品よく。
まるでシロガネーゼのように 鎌倉婦人のように 山の手の奥様のように
上品に上品に

「冷たいお飲物はいかがですか?
  よく冷えてますよ。 1本50円ですよ。 いかがですか?」

マッチ売りの少女って こんな気分だったのかなあ・・・。
だけど・・・
ああ~ あっつい!  蒸し暑い!

教室の中で販売してる先輩お母さんに聞いてみる。
「販売中に売り子が飲んじゃダメですかね~。
  ノド乾いちゃって・・・。」
「あらいいわよ。飲んで飲んで! 何がいい?」
カフェオレを1本買って一口飲むと 美味しい~!!!

マッチ売りの少女はマッチを1本すって 
あたたかいお料理を想像したけど
私は実際に飲んでしまった。 ゴメンね・・・少女。

「飲みながら売っちゃいましょうか。
  このコーヒー うめえ~!って・・・。」
「いいんじゃない。 やってやって!」

でも 「うめえ~!」は言えないから
飲みながら売った。

「カフェオレもありますよ。 疲れてきたときは特に美味しいですよ~。」
なんてなことを言いながら 売ったとさ。

どれだけ成果がでたのかはわからないけど
少しでも 残りが少なくなってたら 嬉しいな。

昨日は昨日で疲れたけど
今日は今日で筋肉痛。
長テーブルや鉄椅子を片づけた疲れなのか
トレーに飲み物を全種類のせて持ってた疲れなのか
とにかく 腕が痛いわあ。





 ・・・  ・・・  ・・・  ・・・ 
 

ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
化学反応でジャム作り
20090620165150

↑ これはジャム作り資料の1ページめにあった図なのだ!

今日は うちの次男坊ペイちゃんが通う高校で
先生との交流会があったの。
化学の先生との交流会で
化学反応からみるジャム作りとは・・・ってな観点なんだね。

まずその化学反応式とか
化学のお勉強的なお話がおもしろおかしく
気楽に気楽に進められるんだけど
水素結合についての説明があって 他には
静電的相互作用 とか 疎水的相互作用とか
酵素反応 ゾルゲル転移 糖アミノ反応 pH イオン結合 エトセトラ・・・

楽しいお話なんだけど
化学? 反応式? 苦手意識が先に立っちゃって
ちんぷんかんぷん わけわからん状態で30分が経過。

さて いよいよ作りましょ!

4人ひと組の班に2パックの”とちおとめ”が配られた。
イチゴを洗い ヘタを取る作業に入ったけど
すずりんの班は4人とも 
クチにパクっと入れたい衝動を抑えるのに必死だ!
3人は同じ中学からで すずりんは違う中学から。
なのにいきなり楽しくて笑ってばかり。

イチゴの重さを量るだけで大騒ぎさ。
  フライパンごと量るの?
  えっ? 重すぎない?
  フライパンの重さを引く? どうやって?
  イチゴを別に容器に移せばいいじゃん。
  あっそうか・・・。

あれっ?
なんで今携帯いじってんの?
計算?
っで?
操作がわかんない?
しょうがないなあ・・・。
2人目が携帯を取り出す。
えっ? 80%をどうやって出すかって?
× 0,8でしょ?
小数点の打ち方がわからない?
キログラムって何グラム?
えっ? そこからかい?
携帯で計算しようとしてるのに
携帯の操作でアワアワしちゃってるんだ。

結局すずりんが 紙の余白で計算した。
筆算だぁい!
だけど、初対面の人が筆算してるのに
全面的に信用していいんかい?
オイラ計算できない おバカかもしれないよ。
誰かバックアップでもう一人くらい計算しないの?
大丈夫って 何を根拠に・・・。
初対面ですずりんを信用するなんて
あなたがた チャレンジャーねぇ~


火にかける作業に入る。
すずりんがメモを取ろうと目を放すと
フライパンにはイチゴと山盛りの砂糖が・・・。
  あれっ? はじめは砂糖半分だけ まぶすんじゃなかったっけ?
  ぎゃー! そうだったそうだった!
あわてて 素手で砂糖を半分ボウルにかきだす4人。

火つけてなくてよかったねえ。
って!
ぎゃー! 強火でボーボー!
始めは弱火ですってば!
ぎゃははは・・・。
あぶねえー!

イチゴを火にかけながら
すずりんの学生時代の調理実習の告白をする。
牛乳かん(寒天)を作ったとき
誰も牛乳の量をはからずに 牛乳ビンひとびん入れちゃって
ひと班だけ 固まらなくて
甘い牛乳状態を スプーンでジュルジュル飲んだ話しとか。

のり巻きを作る時は
一帖ののりを半分に切るのに
縦と横で 切る方向を間違えて
これまた ひと班だけ やたらとほっそ~いのり巻きだった話しとか。

ゲラゲラ笑いながらフライパンの中のイチゴをかき混ぜる。

煮詰まってきたら レモンのしぼり汁を入れるんだけど
30mlを測るのにも コップでいい加減に量るわが班。

30mlってこんなに多いの?
ねえ、種が多くない?
えっ、種とらなくちゃ・・・。
イチゴジャムに種がゴロゴロってさあ・・・。

ねえ、何で私たちってこんなに
アバウトなの~?

あっ、先生だ!

チラっと観て 通り過ぎた~!

この班ダメだ! って思われたんじゃないのぉ~?
私はすずりんです!
えっ? 急に何? すずりんは私ですけど・・・。
本名を隠す?
先生に ダメな人って覚えられたらわが子に傷がつくから?
っで なんですずりんなの?
誰でもいいから 本名隠しする?
じゃ、私ヤマダで~っす。
えっ、じゃ 私カワイで~っす。
へっ、私は誰? ホソノで~っす。 (ブログ上の仮名です。) 
4人の名前を 適当にシャッフルして呼び始めた。

いいんか? コレで!
20090620165152


っで、何グラムになったら終点だっけ?
もう誰も携帯で計算する気はないの。
また すずりんの筆算だ。
信用しない方がいいぞお~。

さあ仕上げだ!
断熱材を置いた秤の上にフライパンを乗せて
重さを量る。

まだまだ多いねえ。

煮詰める。

量る。

まだまだだねえ。

他の班の偵察にでる。

汁気はみんな同じような感じだね。
もういいんじゃないの?

役員からメッセージ!
  クラッカーを配ります。
  出来上がったジャムを 各自お持ち帰りの容器に移したあと
  フライパンの残ったジャムをつけて食べたり
  教壇に先生の作ったジャムが数種類あるから
  試食してください。
  小さく切ったパンもありますよ~。

やったー!

フライパンを火からおろして 荒熱をとっているあいだ
先生のジャムを試食した。

他の班のひとたちはとっくに出来上がって試食も終えてるから
うちらの班は ゆっくり味わった。

美味しいね~。
梅ジャムだあ!  さわやか~! 美味しい!
キンカンのマーマレードだあ!
激ウマ!
おいしい~!
先生のジャム美味しいねえ。
(正しくは 先生の奥様の作品)

いよいよ自分たちのジャムを 分けるぞ!

?????

固くね?
コレ ジャムかあ?
分量とか合ってたのかな・・・。
えっ、すずりんの計算ミスってこと?
ぎゃははは。
そこまで戻るかい?
やっちまったかあ~?!

ねえねえ、スプーンから落ちないんですけどぉ。
なんでえ~?
固いっす!

お腹をよじらせて笑いながら なんとか4人で分けあった。

フライパンに残ったイチゴジャムを
パンにつけようとしたその時
パンが ジャムに負けた!
トロリとパンに付くはずのジャムが ドーンとフライパンに居座り
パンがポロポロと ジャムにおろされた。
そう! 大根おろしのように・・・。
人呼んで 【 イチゴジャムのパンおろし! 】
なんじゃそりゃ。


スプーンで お焦げをはがすようにして
やっと クラッカーにジャムをつけた。
そして おっかなびっくり口に運んだ。

1人目の感想・・・キャラメルだなっ
2人目の感想・・・先生のジャムと違う~
3人目の感想・・・ん? 香ばしいねえ
そしてすずりんの感想は・・・焼き芋の味がする~?

そーだそーだ!
これは 焼き芋味だあ!
全員一致で 大笑い。   

う~ん、 ジャムの感想じゃないなぁ。

ってことは?

失敗だあ!

20090620165147


来週、友達と逢う予定がある。
このイチゴ飴 おっといけねえ
イチゴジャムを お見舞いしてあげようと思っている。
何故だか焼き芋風味のイチゴジャムをね。

ふっふっふ 



 ・・・  ・・・  ・・・  ・・・ 
ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
本部役員恐怖の推薦
どこの学校でも運営本部というのがある。

学年学級委員会とか広報委員会とか郊外委員会とか
細かな役員は学校の特色によっていろいろあるが
トップに運営本部というのがあって
いわゆるPTA会長、副会長、書記、会計さんたちがいて
その下に枝分けした状態に各委員会がいる構図になる。

どこでも会長ってのはなりたくないもので
その選出方法も様々。

うちの息子たちの小学校では
学年学級の委員のなかから各学年1名が本部に入り
全6学年から出た6人の中でその役割を割り振ったように記憶している。

中学校では
選出委員会というのがあり
運営本部は 他の役員とは別枠で選出する。
方法は
3学期になると生徒全員の親に手紙が配られ
本部に推薦したい人の名前を書き提出し
推薦された人を集めてその中で選出するわけ。

まず3学期のうちに本部を決めて
4月になったら 新しいクラスで
そのほかの役員を決めるのよ。

この推薦ってのが曲者で
自薦他薦問わず 誰の名前を書いてもいいけど
書いた本人は無記名。
自分の名前を書かれた日にゃあ 闇討ちにあった気分だ。
「誰だよっ!」 そこから始まる。

本部に推薦されて嬉しい人もいるだろうけど
オイラは迷惑。
じょーだんじゃない!
「誰が 私の名前書いたんだよっ!」

選出会に呼び出されたときは
出席して断るのが誠実な対応だと思うけど
断るためでも誠意を持って出席すると
来たんだから受ける気あるんでしょ?
なーんて おかしなことにもなりうる。

じゃ、どーすりゃいいんだよっ! と・・・。

私は過去に 
誰が書いたんだかわからない闇討ちの年もあったし
書いた人がわかったけどハテナ?な年もあった。

中学の参観日に学校に行ったら
「すずり~ん、推薦したからよろしくねぇ~ん」
いきなり腕にしがみつかれた。

ゲっ!

乳が腕にあたる!っ!
離れてくれっ!

たしかアナタは本部に名を連ねてたよねえ。
何の役か知らないっていうか 興味もないけど・・・。

っで? 私はアンタと親しかったかい?
子供どうしだって遊んだことないと思うよ。
役員も 別々の委員会だったし・・・。
学校を離れての個人的な部分をみたって
お茶したりランチしたりってこともないよねえ。

しかも 例の敵対ムードのおかしな空気のときの役員だった。
あのときのうちの委員長とおたくは知り合いらしいけど
オイラ 無関係だよねえ。

つまり 接点なし!

なんで 腕組んで ハート目で
「よろしくねぇ~ん」って 猫なで声で迫られなきゃならんのじゃっ!

腕にしがみつかれてから 『なんで?』と聞き返すまでの一瞬
いろんなことが頭の中でグルングルン フル回転だあ。


『えっ! なんで?』
「だってぇ~ すずりん適任だもーん。」

『悪いけど 私はやらないよ。』
「えええ~?」

えええ?じゃねえって!
イキナリ何なんだ?
今までの流れを考えればわかるだろーて。
嫌がらせかと思ったじゃんか。

幸か不幸か
そのころ私は 健康診断で治療が必要な病気がみつかったばかり。
それを理由に 選出委員長には丁寧に断った。

病気をおしてまで果たさなければならない義理は
アンタには持ち合わせてないさ。
ましてや 本部ぜよ。
アンタの顔がつぶれようが 泥を塗る状態になろうが
オイラには関係ないっ!

本部役員の名前が発表になってから
中学の廊下で出会ったりすると
何とも恨めしそうな顔でみられた。
私は軽く会釈するけど
むこうは恨めしそうにじーっと見てたっけ。

だからよォ、アンタの顔を立てなきゃならないような
そんな付き合いもなかっただろうってことなんだよな。
振り返ってよーく考えてみろや。


そういやぁ
敵対ムードの変な空気になったあの年、
ここでは細かく言えないけど
個人プレーでひっかきまわされるわ ウソはつかれるわ
こっちがへとへとになった対立側の張本人から
とんでもねえ要請もあったっけ。

バタバタした委員会の翌年 
近隣の小中学校が10数校集まって行われる
保護者の球技大会の 開催本部校に
うちの小学校が決まってた。
そこの本部委員長に 私と他に2人 計3人でやってほしいと・・・。
はあ?
委員長 副委員長は3人で決めていいからと・・・。
なんじゃ、ソレ?

どうして?

委員長と副だけは 誰でもいいというわけにはいかないから
役員経験者にまとめてもらいたい。
学校の威信もかかってるから校長もチカラがはいってる。
なんとかしなきゃならないからと・・・。

しらんがな。

翌年のその開催本部がわかってるから
例年よりも多くの協力を保護者にしてもらわなきゃならないから
その体制を整えるために 全保護者にアンケートとって
承認を得て その準備のためにスタートした年だったのに
それを手伝うための組織を
異動してきたワカランチン校長が 
あの組織はいらない人間だと(←信じられないこの発言、事実だ)
自分の前任校と違うことを 一切排除しようとした。
それに対して 
他の委員会を守らなきゃならない立場なのに
パイプ役にもならず 説明もせず
校長の片棒担いで
親同士の信頼関係を 敵対関係にしたんだろ?

学校の地域性も 町内会との歴史も全部無視して 
ワカランチン校長が あちこちひっくりかえしてしまった。
過去の役員たちの苦労も何も 全部泥を塗った。
そのスタンドプレーにシッポふって媚売って
自分も単独行動とって 誰かれ問わず混乱させた。
なのに都合よく大役をお願いされたってさあ
その神経がどうにも理解できないよ。
言葉にだしては言わなかっけど
オマエがやれよ!

煮え湯を飲まされ続けた3人は
やんわりだがキッパリ断った。


自分からでたことは 自分に帰るんだよ。
以前の記事に登場した毒子ちゃんにむけた言葉だけど
こういうことにも つながる・・・。


愛してほしかったら まず自分から愛さなきゃ・・・。
なんだっけ?
何かのドラマで聞いたセリフ。

花より男子の道明寺のおねえちゃん、椿さんのセリフだ!
思い出した。

こっちが歩み寄ろうとしてもずっと敵視されてきた相手に
自分のピンチを助けてくれって急に言われたって
こちとら人間がガキンチョだから 
気持ちはそうそう簡単に 変わらないんだわ。

もらった毒は キッチリ返すぜい! 


ところで
自分からでたことは自分に帰る・・・。

こういういろんな役員選出のときの流れは
私から何かしたことが 帰って来てるのかい?
オイラは 何をしたっていうんだろう・・・。

仲良くやろうぜい!
楽しくやろうぜい!
その一心だったつもりだけどなあ・・・。

凹む・・・。




 ・・・  ・・・  ・・・  ・・・ 
ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
入学式&役員決め
先日、次男坊ペイちゃんの高校の入学式だった。
今年はこの時期になっても桜が満開で
ペイちゃんの高校脇に流れる川沿いも
桜並木がみごとにピンク一色。
晴天に恵まれて とにかく晴れやかな気分。

ペイちゃん本人はすでに新しい学友たちと教室で待機。
保護者は約1時間遅れて 体育館に直接集合。
入口で受付を済ませて体育館に入ると
吹奏楽部が演奏していた。

かなり高レベルの演奏に聴き惚れる。

涙の片道切符、アラビアンナイト・・・エトセトラ。

式が始まり わが子の晴れやかな表情を写そうと
デジカメを構えるも
卒業式とは違って かなりサッサと歩くから
シャッターを押しても 撮った画像に息子の姿がない!
デジカメって タイムラグがあるでしょ?
ズレるのよねえ。
まわりの保護者の後頭部がでっかく移るだけじゃーん!

”入学許可”の次第になり
各クラスの生徒が呼名され「はい」と返事をする
それが次々と続く。

ペイちゃんのクラスに近づいたとき
「○○ 理人(りひと)」
ん?
オイラ反応しちゃうじゃん。
メイちゃんの執事 理人さんがいるかい?
どの子だ?
イガグリ頭の あの子かな?
さんざん中学でからかわれちゃっただろうな・・・気の毒に・・・。
ふふふ・・・。

校歌の紹介とともに 校内合唱祭グランプリ曲も披露された。
アカペラだぞい。
やっぱり 中学と高校では 難易度が違うのねえ。
ウマイ!

ここでふと 合唱祭って・・・。
中高で流行してるのは 喫煙防止かなあ・・・。
タバコなんか吸ってたら 声がでないよね。
カラオケが得意のすずりんも
バイトを始めて 喫煙が復活したら
まったく声がでなくなったもん。

長男タロウのサッカーの応援のとき
試合会場のご近所で 雨戸を閉められたくらいに声が通ってた。
グランドのはずれから声援を送ると
校舎の窓ガラスが ビリビリ震えた。
学生時代は声楽もやってたし
バスケを現役でやってたのもあって 声はかなり出た。
学校行事のときも ほとんどマイクは必要なく
声が通ってた。 そういう声の質なんだけどね。

それが 40代後半になって喫煙を復活したら
声が出ないんだ。
好きな歌も まったく声がでない。

まだまだ成長期で 法律的にもダメなタバコを吸ったら
合唱なんかダメだよなあ。
クラスのチームワーク向上の意味もあるわけだから
友達からも タバコはダメ! って流れになるだろうし
時代に合った 指導方法なのかもしれないなあ・・・なんて思っちゃった。

さてさて
入学式が終わると
保護者はそのまま体育館で先生からお話がある。
ホームルームが終了して生徒が帰り
教室が空いたころ 保護者は教室に移動。
担任の挨拶もあるが 一番の目的は役員決めだあ。

中学では体育館で缶詰状態で役員選出だった。
高校では教室に移動して 缶詰状態。

ああ~ヤダ!
またこの季節がやってきた。

タロウの学年では役員をしても楽しく過ごせたし
その後もずっとつづく 親友になっている。

ペイちゃんのこの学年では残念ながら
考えられないようなイヤな経験をたくさんした。
保護者のカラーも学年によって全く違う。
ましてや ワカランチンの新任校長に
あろうことか保護者間にいらぬ波風たてられて
保護者同士の対立の構図をつくられた。
そのときのバタバタがトラウマになり
未だに電話アレルギーなんだもの。
この学年では役員名簿に名前が載るのは 本当にヤダ!
とっくに過去のことになっているはずなのに
あの時のイヤな記憶が蘇る顔が
同じ高校に進学してるんだもの・・・。
あの記憶にかかわる顔触れがいなかったら
べつの高校だったら なんの抵抗もなかったろうけど
あああ~ ホンっとに ヤダ!


さて、
黒板の前には役員がいて 選出進行をつとめる。
端から保護者ひとりひとりが自己紹介。
「さあ、どなたか引き受けてくださる方はいませんか。」

一人、手があがった。
3つの委員会のうちの一つを受けてくれた。

ポンポンと続くかと思われたが 続かない。

役員が口を開く。
「すずりんさ~ん。(もちろん本名で)」
「はい?」
「すずりんさんは大丈夫だと聞いてますが・・。」
「はあ?」

内心、『名指しかよっ!』とは思うものの そこは言葉を選び
「ええっ? ご指名ですかぁ~???」
まわりの皆さんの空気も和ませつつ 不本意に反応してしまった。

「Mさん 知ってます?」
  Mさんというのは すずりんと同じマンションの人。
  タロウともペイちゃんとも 学年は違うが
  タロウの所属した地元サッカーチームでは
  学年違いではあるものの 同じクラブだった。

  タロウが中3のときに ある委員会で一緒になったことはあるが
  部署が違うため 活動は別だった。
「はい、知ってますが。」
「Mさんから すずりんさんは大丈夫だときいてますよ。」
「いやいや、何がどう大丈夫なんですかぁ?」

できるだけ トゲトゲしくならないように
やわらかく聞き返すが 心は穏やかじゃない。

「中2中3と続けて役員したので
   今年は休ませていただきたいんですよ。」と言うと・・・
「大丈夫です! 私も続けてやりましたからっ!」
「はあ?」 

なんだ? その理由!

いやあ、アンタは大丈夫でもさ
やるのはオイラだぜい!
そんなのが うける理由になるかよっ!

すずりんの怒りスイッチはかなりスタンバイ状態になってきた。

その後 眼を合わせずに黙っていると
すずりんの後ろの席の人が質問の手を挙げた。
話を聞くと 下に2歳のお子がいるという。
幼稚園に就園前の子がいるので連れて来ることになるが
大丈夫ですか?と

「大丈夫ですっ!
  去年も小さな子がいて 一緒に遊んであげましたよ。」
おいっ!

タロウが小学校のとき 
そのくらいの子がいるお母さんが受けそうになった場面では
まわりのみんなが止めに入った。

受けた本人も大変だし 役員の仕事にも支障が出るから
その子が就園なり就学なりしてから受ければいいから・・と。

しかし、今回は「大丈夫です!」と
高校だから大丈夫かもしれないが 
もうすこし粘って他の人を捜すべきじゃないかい?

2歳のお子がいるその人は 結局役員を受けた。

枠はあと2つ。
ひとつは正規の役員だが
正規に受けた役員のうち 運営本部にあがる人が出た場合の補欠も決める。

個別に声をかけられるうちに
補欠なら・・・と しぶしぶ受けた人がひとり。

残るはひと枠。

オイラ受けねえぜ!
そんなオーラを精いっぱい出しながらも
司会進行の役員とは絶対に目を合わせずに下を向いていた。

長い時間がたったころ
「すずりんさん! いかがですか?」
「はっ? 2度目のご指名ですかぁ~?」
  ホントに困ります。勘弁してください。」

「Mさんを呼んできますよっ!」
なんだよソレっ!?
なんかワルサして怒られてる子が認めないから
オメエのおっかさん呼んでくるぞってか?
そんな状態だあ!

カチーン 

すずりん スイッチオーン! 

かなり怒りのオーラ出てたと思う。

私はMさんから 何の打診も受けてない!
誰からも根回しされてない!
寝耳に水の状態なのに
 「受けるって言ったんじゃねーのか?」
そう責められてる気分だ。

入学式の数日前
バイト先のコンビニにMさんが来店したとき
レジで直接対応した。

同じ高校ですね。
これからよろしくお願いします。
入学式でお待ちしています。
こちらこそよろしくお願いします。

そんなやりとりは 確かにした。
それが 確約とったとされたのかい?
そんなわけねえだろい。

すると ホントにMさんを連れてきた。
目が合うと 「おい~!」って目線を送った。
無理だから!
顔の前で おっきくバッテンをつくった。
見ようによっちゃあ シュワッチのポーズだ。
Mさんを攻撃する気はないが この際
スペシューム光線と受け取られてもしかたない。

しばらくすると PTA会長もやってきた。
弁が立つ女性もやってきた。
この女性は あとで知ったが 前副会長だそうな。

もちろんお二人とも 保護者全員に話をしにきたのであって
すずりんがターゲットなわけじゃない。

最後のひと枠、
他の委員会にくらべれば仕事は負担が少ない。
受けるなら これがいいぞ・・・。
迷ってる人がいたら 3年間のうちここが一番楽だぞ。
誰か・・・受けるなら ここがチャンスだぞ。
心で願う。


タロウが入学した高校で役員決めのときは
私鉄を4路線も乗り継いで登校するわが家は
通うのが大変だからと 先生からも他の親御さんからも
免除してあげてほしいと声がでた。
申し訳ないとおもいつつ 甘えさせてもらった。

だから 自転車通学が可能な距離のペイちゃんの高校では
どうしても受ける人がいなかったら仕方ないかもしれないと
半ば覚悟はしていた。
タロウのときの恩を ペイちゃんのときに返そうと
思ってはいたが この話はヒドイ!

割と早い段階で 
個人的に知り合いがいる人が 半ばOKらしいと
そんな空気になったら
粘ってればその人にお鉢がまわる・・・
そう考えるのが人情だ。

そして 個人的に端から交渉を始めるもそれも全員には聞いてない。
そこで
また同じ人間に交渉が始まる。

「Mさんを呼んできますよ。」
「Mさんを呼んできましょうか。」
「ホントにMさんを呼んできますがいいんですか?」

何回そのセリフ言ったんだ?

もう 協力をお願いするってスタンスではない
丁寧な言葉を使いながらも 圧力をかけに入っている。

怒りのスイッチが入ったすずりんは 絶対に折れる気はない!

すずりんだって役員決めの苦しみは知っている。
自分が受けた役員では 事実を知らされずに騙し打ちにあった経験もある。
いざ蓋をあけてビックリ!なことがあった。
自分の次の人には そんな裏切り状態で受けることにならないように
事実をちゃんと伝えることに心を砕いた。
前年度委員長として役員決めの司会進行をするときは
顔ぶれをみて 力のあるひとがいても
個人をターゲットに進めるなんてことはしなかった。
隠れた逸材もいるわけだから
自分で手が上がるように 時間がかかっても
仕事に対する不安を取り除くことに終始した。
残せる資料はすべて残し
受けてもらった人には いつでも相談に乗る用意をした。
ワカランチンの新任校長には 新役員と一緒に説明にも行った。

誰でもいいから 次を決めれば私の仕事はおしまい!
そんなやりかたは 絶対に許せない。

決まった後味が悪いのは 絶対にダメなんだよ。
私とMさんは ご近所さんでもある。
Mさんが何か大役を受けている立場なら
恥をかかせるわけにもいかない。
ペイちゃんは Mさんちのお兄ちゃんを見かけて
「安心して涙が出そうになっちゃったんだよ。」
入学説明会のあった夜 そう言っていた。
「ペイちゃん、よかったねえ」

顔を見て涙が出そうになった近所のお兄ちゃんちと
変なシコリを残したくない。

役員の仕事的には何も不安はない。
半分は覚悟していたから もうひと覚悟すれば済む話だ。

だけど この進行はヒドイ!
いつも 何歩でも譲れるすずりんだけど
今回は 100歩がとてつもなく多く感じて 
たとえ1歩でも譲れない。

会長や前副会長 Mさんが教室を去った後
一番受けやすいこの役員を受けるひとが現れるのを待った。
だけど 
この状況じゃ もう誰も手をあげない。

もうこれ以上は無理だ!

いいよ! 
もういい!

「私がやります。」 

くっそぉー! 
どうせやるなら 気持ちよく受けたかった!


新役員名を書きこむ書類を持った役員がきた。
例の進行役は 廊下で待機する担任を呼びに行ったらしい。
書類に書き込みながら
「すみません。Mさんからお名前が出ていたものですから・・・。
本当にすまなそうに言われたが
「いいです。Mさんには あとでゆっくり話をしますから。」
静かにゆっくりした口調で 怒りをにじませた。

場所を移し 会議室。
ここでは 運営本部にあがる人間を決める。

お茶がでて おにぎりがでた。

世話役の人たちには 丁寧にお礼を言う。
「ありがとうございます。」
全クラスの新役員が集合するまで しばらく時間があった。
同じクラスの役員さんたちとは メールアドレスを交換したり
出身中学での話をし合った。

私以外の人は 電車で遠くから通うらしい。
同じ中学出身の子はいなくて たったひとりだとか
小中ずっとひとクラスだったからクラス替えの経験もなくて
役員は毎年のように回ってきたとか
頭の下がるような話を聞いた。

同じクラスの人たちといきなり仲良くなった。

Mさんは 申し訳なさそうに声をかけてきた。
「恨まないでね。」
「恨む!」
「許してね。」
「許さねえ!」
「すずりんは大丈夫だって聞いてますって、何がどう大丈夫なんだよ!」
「いや、私はさあ・・・。」
そこで
新しい仲間が 『まあまあ・・お茶でも飲んで・・・。』と
笑って止めに入ってくれた。

 きっと言葉の行き違いもあっただろう。
Mさんを責めてはいけないのはわかるけど
名前が事前に出たってことは 
名簿の段階で ロックオン!なわけで
本人の知らないところで 話が進む。
今回の場合 最悪なことに 
やるやらないの選択の余地がなくされているわけだ。
あの言われようだもの・・・。
作戦がまずかったと言われてもしかたないんじゃないか。

全体の進行が進められながら
名前の出た人のところに別の進行役が行き
○○さんから何かお話は来ていますか?
もし お考えのようでしたら 受けていただきたいのですが・・・。
目立たぬように 席の横にしゃがみ
そーっと交渉をするもんだろい。

それもどうしても決まらない段階に行ってからやるべきだね
開始早々個人名だしたら
他の人はもう 決まったもんだと手を上げづらいよ。
初対面の人ばっかりなんだから・・・。


会議室に行って初めて知ったのが
MさんはPTA副会長だそうな・・・。
副会長からでた名前ということで 進行役は力が入ったのか?

運営本部行きの一人が決まって
私の所属委員会の委員長を・・・ってな流れに傾きかけたが
もうかなり時間が遅いということで解散になった。

会議室を出ようとしたところで
クラスでの進行役が声をかけてきた。
「長いこと時間かかったねえ・・・。」
私はそれには答えず スルーして通りすぎた。
(何を他人事みたいに・・・。)

校門を出るところで
後ろからMさんに声をかけられた。
「駅まで車で送るよ・・・。」

ペイちゃんとは一緒に撮れなかったけど
見事な桜でもデジカメに写して
朝のような晴れやかな気分に 少しでも戻りたかったけど
Mさんとも あのままではよくないと思った。

「私はね すずりんがいい人だよって言っただけなんだよ。」
想像できないわけではない。
名簿を眺めながら
この人知ってるよ。いい人だよ。
あっ、私はこの人知ってる~。
他に知ってる人いる~?

役員決めは知ってる人がいたら その人に声をかけてみよう。
本当にその程度の話しだったのかもしれない。
だけど
早く決めちまおう! と焦ったんだろうね
うちのクラスの担当になった あの進行役は・・・。

Mさんとは これからもご近所さんとして
仲良くしていきたいと思っている。


入学式から数日
溜息の多い私に タロウが声をかけてきた。

「おかあさん、疲れてるの? 何かあった?」
事情を話すとタロウはこう言った。

「息子からするとね 新しい環境になったとき
 おかあさんが学校に来てくれていると思うと こころ強いもんだよ。
 なんだかんだ言っても 照れもあるからで 本当は嬉しいもんだよ。」

そうかい・・・?

今までの怒りが ふっと溶けたような気がした。

イヤな経験をしたあのときから
役員という言葉を聞くと 
うちの家族は嫌悪感を表に出すんだ。
もう絶対に役員やらないでほしい・・・。
だから去年も
役員を受けてしまったことを
家族に話すのが一番憂鬱だった。

やたらヤル気を出した人に巻き込まれたり
時間かまわずかかってくる電話にうんざりしたり
心がすり減っていく私を もう見たくないんだそうな。
夜中まで資料をつくっていても 楽しそうだった役員ならいいけど
誰かと連絡するたびに すり減っていく姿を
みたくないと・・・。

そんな思いをさせてしまったのに
タロウから聞かされた 息子としての想い。

役員をすると
前にも話したけど 友達がたくさんできるんだ。
そして 長く付き合える戦友にもなれる。
受けた以上は 気持ちを切り替えてちゃんとやるよ。
「仲良くやろうぜ!」がオイラの信条だもん。


バイト先のコンビニに
「うちのおかあさん、いい仕事しますよ!」
そう売り込んで わざわざハードルあげてくれちゃったタロウ。
役員の仕事をしてる私の背中を観てたのかなあ・・・。
だったら いろんな経験も 無駄じゃなかったね。

頑張るっす

エイ、エイ、オーウ



私の剣になり 私の盾になってくれる執事は
どっかにいないかなあ・・・。
できれば 理人さん(水嶋ヒロ)にそっくりな 
イケメンがいいなあ・・・




 ・・・  ・・・  ・・・  ・・・ 
ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
卒業式
3月19日は 次男坊ペイちゃんの中学の 卒業式だった。

小学校の卒業式も 暗幕なしのあっかるい式場で
拍子ぬけしたけど
中学でも暗幕なしの あっかるい式場だった。

卒業証書授与の場面では
厳かなクラシックをBGMに・・・なーんてのは無し!

合唱祭で発表した各クラスの自由曲が流れた。
最初のクラスの曲では
♪ はたけが・・・はたけが・・・まわりつづけ・・・ ♪

ダメだ! 笑ってしまう!
あきらかに 卒業証書授与のムードじゃない!

女子の髪型にもビックリした。
肩より下まで伸びている長い髪は
ふだんなら 束ねているだろうに(規則だから)
卒業式は ワンレン(ワンレングス)なんだね。
バッサ~ バッサ~ と なんだかなあ。
まあそこはいいとしても
おだんご頭  多いぞ。

先ほどのBGMに笑いをこらえていると
檀上で証書をもらって フロアに降りてくると
父兄席からみえるのは
頭のてっぺんのおだんごだけが歩いてくる図。

うーむ ムムム 笑っちゃだめだぞー。

次のクラスの授与がはじまった。
このクラスの合唱祭の曲はなんだろう・・・

森の木こりさん風だ。
村の娘たちが 楽しそうに歌いながら川で洗濯してるのかな?
そんな風に聞こえる私は おかしいのだろうか?

えっ? 
♪ るろうのたみ~ ♪ 
えっ? 
えっ?
流浪の民って今 歌ってたかい?

誰だい?今 流浪の旅?って言ってた人がいるぞ
旅じゃねえって!
民だぞい。 流浪の民じゃ!

ってことは ジプシーかい?
卒業生が ジプシー生活?

おいおい オイラ やっぱり笑っちゃうよ。
もう 民でも旅でも どっちでもいい!
新たな旅立ちのために 
あたたかいこの場所を巣立っていくんだからいいんだけどさ
流浪はダメだよ。 流浪は・・・。
さまよっちゃ ダメだってばよってばよっ!

クレッシェンド< で娘っこたちの歌がおおきくなる。
♪ あああ~ <<< ♪

校長から証書を受け取った娘がクルっと横を向き
クチに手をあて アワワワ・・・って 
お笑いコンビ”響 ”の”ミツコ”みたいな雄たけび上げたらどうする?

そんなわけねえだろ 
やったらどうする?って話でんがな。

なに? どうしたの?
バッテリーが切れそうだ?
大変 大変 ペース配分 ペース配分。

えっ? あの子が誰の彼女だって?

証書を受け取り 檀上から降り
生徒席の横の通路を歩いてくる子の正面に
父兄席がある。
前列に並ぶ父兄の頭の隙間をぬって
3列目あたりに陣取ったオバちゃん4人が ガン見だぁ!
あの女の子 ビビっただろうねえ・・・。
かわいそうにねえ・・・。
笑うなって! 
かわいそうだから 笑うなって!

ああ、私たちの図がおかしいっての?
完全におかしいよねえ。
4人で ガン見だよ ガン見!
おかしいよ~。
だから、 笑うなって!

檀上からおりてすぐに来賓席がある。
そこでみんな一礼して 歩き出すのに
緊張で一礼を忘れて歩きだしちゃった子。

父兄席の手前まできて思い出した!
ヤベぇ! と思ったんだろうね。
急いでもどって 来賓席に一礼した。

かわいくて
温かい笑いがおこった。
フフフ・・・。
いいのよ きにしないで。
えらいね。 もどってきたの?

父兄席のとなりには 在校生席。
式の最後には式歌披露がある。
そのときに 指揮者台を出し入れするお手伝いの子たちが
父兄席に近い 端っこの席に陣取っている。

お手伝いの子たちは
式の進行中ずっと
【 手はおひざ 】 の姿勢をくずさない。
きちんと揃えた両膝の きちんと置かれた両の手はグっと握っている。

えらい!

基本的に君たちは まじめなんだね。
このオバちゃんたちなんか とっくに飽きちゃってるのに
中2の君たちは ずっと集中力を切らさない。
えらい!

そういやあ
お手伝いの子たちの席に近い子が
式の始まる前にグルーっと親たちをみまわし
私が視界に入ったら 二度見したっけ。
「私 二度見されたぞい。 なんでだぁ?」
「いつも行くコンビニのオバちゃんだあって 思ったんだよきっと。」
「そうだよ。中3がいたんだあ!って 驚いたんだよ。」

だったらいいんだけど
オイラ 人間離れした顔してたかなあと 心配したぜよ。

さあ あと2クラスだ。
あっ、 先生名前間違えた。
緊張してるし慌てたし 2~3回言いなおしたぞ。

私が小学校で産休先生をしてたとき
卒業式の練習では こんなことがあった。
先生も緊張してしまうから
誰かの名前を間違えてしまうかもしれない
その子のお姉さんやお兄さんを以前担任してたりすると
一瞬頭が真っ白になって 名前を読み間違えるかもしれない
そのときは
「そういう名前です!」って顔して返事してね。
そう言った先生がいたんだ。

先生が名前を読んであげられる最後だから
絶対に間違えないように頑張るんだけど
担任をした期間のいろんなこと思い出しちゃうと 
ボロボロになっちゃうんだよ。
絶対に泣かないように 絶対に間違えないようにって
歯を食いしばるんだけどさ
間違えないようにルビまでふった名簿が
どんどんあふれる涙で 見えなくなっちゃうんだ。
間違えたことさえ 気がつかないほどに
ボロボロに・・・。
だから
万が一 間違えちゃったら 本当に申し訳ないけど
「そういう名前です!」って顔して返事してね。

私は産休先生だったから 
卒業式に6年生を担任してたことはないけど
専科として6年生を指導するスタッフにはなる。
同じ学校に何度か呼ばれると
6年生がもっと小さかった学年の時に担任してたこともある。
担任でなくても
卒業式にはいろんなことを思い出して
職員席でボロボロ泣いちゃうんだもの
担任だったらなおさら・・・。


毎年 区の音楽会があって
その練習中でも 指導として言っている。
もしも伴奏を間違えたら 「そういう伴奏です!」って顔して歌ってね。
動揺してザワザワして グズグズになってしまうことが一番マズイから
「それも演出です!」ってな顔してスルーするのが一番いい。

演奏中や合唱中に 緊張から気分が悪くなったら
その場にそっとしゃがんでね。
舞台の袖に控えてる先生がそーっと連れ出してくれるから
演奏中に
「せんせー!○○ちゃんがー!」って 
ステージ上でザワザワしないでね。

そんな練習を重ねる小学校だったから
卒業式でも 
万が一間違えたときには・・・って言えたことかもしれないね。

 おっと!
話しを戻そう。

式次第 最後の 式歌の披露。

卒業生がクルリと後ろを向いて
体育館後方に座っていた在校生たちと向き合った。

1曲目から泣いてる女の子。
いつもにこやかで 清楚で 優しい子。
ポロポロこぼれる涙をぬぐう。
歌おうとするのに 歌えない・・・。

ひとり ふたり 泣き始めた女の子たち。

2曲目
東京ディズニランドのコマーシャルでも流れてる
最近の卒業式の定番 ♪ 旅立ちの日に ♪
いい歌だなあ これ!
1番の歌詞は 旅立つ 巣立つっていうイメージだけど
2番の歌詞がグっとくる

  懐かしい友の声
  ふとよみがえる
  意味もないいさかいに
  泣いたあのとき
  心かよったうれしさに
  抱き合った日よ
  みんなすぎたけれど
  思い出強く抱いて
  勇気を翼にこめて
  希望に風に乗り 
   この広い大空に
  夢をたくして

 ※ いま、 別れのとき
   飛び立とう未来信じて
   弾む若い力信じて 
   このひろい
   このひろい 大空に

 ※ くりかえし


サビの部分では だんだん力強く歌うから
男の子たちも泣き出した。

ガラスのように 多感な年頃
たくさん たくさん 心に汗を流したんだね。

いいんじゃないか?
卒業式に泣いたからって誰もからかわないよ。
思い出がいっぱいあるってことじゃん。

3曲目
いよいよ 卒業式も終わる。
ペイちゃんの部活のキャプテンが指揮者。
卒業生と在校生の 両方の歌声を指揮する。
緊張してるだろうなあ・・・。

頑張れ ガンバレ!
最後の晴れ舞台・・・立派だよ~!

うちの中学校は文化祭が無いかわりに
合唱祭がある。
変声期をむかえる1年生はなかなか声が出づらいが
2年生 3年生と学年が進むと
声がでて どんどん上手になっていく。

卒業式には その3年生と2年生が合唱するから
それはそれは上手。
泣いてても しっかり歌ってる。
男子も一生懸命歌ってる。
女子も泣きながら歌ってる。

うちって 音楽学校だったかなあ・・・?
と思うくらいに
しっかりと声の出た 合唱だった。
みんな頑張ったね。
素晴らしい歌声を聴かせてもらったよ。
卒業ということで 心も一つになっての合唱だった。
上手だったよ。     

式歌の披露も終わって 卒業生退場。
クラスごとに 担任の合図で席から立ち
退場していく。

ペイちゃんの友達も ちょっぴり涙ぐみながら
1クラス 2クラスと退場していく。
5クラスめ ペイちゃんのクラスだ。
ペイちゃんはどこだ?・・・・・・ぁぁぁぁ~号泣!
そうかあ・・・泣いちゃったかあ・・・。


式が終わり 校庭に在校生が2列に分かれ花道を用意する。
卒業生が送られる。
校門に送り出される花道・・・。
1クラス 2クラス・・・
ペイちゃんどこ?・・・・・・ぁぁぁぁ~嗚咽(おえつ)してる!
大泣きしてる・・・泣き崩れそうだあ・・・。

ぐったりしてるわあ・・・。

ペイちゃん・・・。
楽しかったんだね。
中学校が とっても楽しかったんだね。
よかった。
いい思い出がたくさんできたなら
親として それが一番うれしいことだよ。
ペイちゃんが楽しく過ごすことができたから
お母さんにも 友達がたくさんできたんだよ。
ありがとうね。


天気もよくてあったかくて
いい卒業式になったね。

ペイちゃん、
卒業おめでとう・・・。 

ペイちゃんと同じ中学校のみんな
卒業おめでとう・・・。。 

そして 
今までありがとう・・・。
先生にもみんなにも 感謝しています。
本当にありがとう・・・。    




 ・・・  ・・・  ・・・  ・・・ 
ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
いらっしゃいませ
今何人いるの?
現在の閲覧者数:
カーエルの予言
過去記事検索
いつ書いたかな?
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のネタだよ♪
コメント感謝です♪
応援ポチしてね♪

FC2ブログランキング

カテゴリー
コマーシャル
掲示板にも遊びに来てね~♪

すずりんのお気に入り
また来てね♪
月別アーカイブ
文字の大きさ
運だめし♪

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
すずりんへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックバック(記事紹介)
06,01,30~
どのくらい?
全タイトルを表示
プロフィール

suzurinn

Author:suzurinn
B型、さそり座、亥年。
天王星人(-)
血液型動物占いでは、ひつじ。
特技はバスケ、食べる、寝る。

無料投票コーナーどすえ
質問 どんな映画が好き?
洋画 ラブスーリー
洋画 サスペンス
洋画 人間ドラマ
洋画 スペクタクル
洋画 痛快娯楽劇
洋画 なんでも好き
邦画 ラブストーリー
邦画 文芸作品
邦画 推理作品
邦画 TVシリーズ続編
邦画 痛快娯楽劇
邦画 人間ドラマ
邦画 時代劇
邦画 なんでも
アジア系(韓国・中国他)

コメント



- リサーチ/アンケート -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

すずりんのネタ拍手ランキング
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。