現在の閲覧者数:
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月別 記事一覧(7月)
   20070802131749.gif




ポチっと直行できます 


 2日 もうすぐ77777
 3日 クイーン(映画)


 6日 舞妓Haaaan!!(映画)


 9日 法事でコソコソ♪
10日 15の夏 (前編)
11日 15の夏 (後編)



15日 15の夏 (番外編)


18日 新潟の親戚が・・・




25日 でっかいプッチン
26日 謎の痛み
27日 痛みの謎は・・・



だいぶ記事が少なかったなあ・・・




FC2 Blog Ranking ←ランキングに参加していますポチっとしてね♪

この記事が面白かった方は ↓拍手マークをポチっとしてね♪

スポンサーサイト
痛みの謎は・・・
私の勤務時間は午後から・・・。

と、いうことは
買い物に行く時間が微妙なのだ。

仕事前に済ませようとすると
ものすごく急がないといけない。

仕事が終わるのが6時頃。
それから買い物に行くとなると
これまた ものすごく急がないといけない。

なので、
休みの日に 1週間分まとめ買いをする。

車から自宅まで
何往復かすれば 無理なく済むのだが
私は何度も駐車場まで往復するのがイヤで
1回で済ませようとする。

右手に3袋 左手に2袋・・・。

こんな具合に荷物を運ぶ。

息子たちがベビーカーに乗っていたころは
息子を抱いて たたんだベビーカーを持って
5kgの米持って・・・
そしてアパートの階段を登ってた。

だから、1回で済ませようとするのは
今に始まった話でもないわけで・・・。

しかも今はエレベーターのあるマンション住まい。
階段のつらさがない分 余計に
1回で運ぼうと 無理をする。

そこで気がついた。
利き腕の右手の方が重い荷物を運ぶから
ひょっとして・・・

脱臼してるのかぁ?(笑)

だから 突き指のような妙な痛みがあるのかも・・・。


そうかあ・・。。
だから、休み明けの仕事の時が 一番痛いんだあ。


まあ、謎が解けてよかったわ。

夜中にダーリンを殴ってたとか
タンスに突き指してても気がつかなかったとか
そーんなヘンテコなことじゃなくて よかったあ!


FC2 Blog Ranking ←ランキングに参加していますポチっとしてね♪

この記事が面白かった方は ↓拍手マークをポチっとしてね♪



謎の痛み
覚えのない痛みにときどき襲われる。

それは決まって 右手の中指と薬指。

グッと曲げたくても痛くて曲がらない。

でも、痛めた覚えが無い。


そして考えた。

それは夜中に何かが起こっているのではなかろうか・・・。

勢いよく寝返って、タンスにぶつけているのだろうか。
ということは、

夢遊病的突き指?

だったら、痛くて目が覚めるはず。


次に考えた。

隣で眠るダーリンに激しくぶつかっている?
というか、激しく突っついてる?
ということは、

夢遊病的DV(ドメスティックバイオレンス)?

夕方のニュース番組の特集コーナーでみたことがある。
眠っているときに 
隣に眠る人を殴ったり蹴ったり とにかく暴れるが
暴れている本人には全く記憶が無いらしい。

そういう症状の人は
昼間に感じたストレスを 気づかないうちに溜め込んで
だけど消化できなくて 体が勝手に動いているのだと・・・。

ダーリンに聞いてみる。

「どこか痛くない? アザができてない?
  夜中に私が 殴ったりしてない?」

『そんなことがあったら ちゃんと起こすよ。』

そうだよなあ・・・。
私がうなされると 「どうした?ちゃんと起きろ!」って
起こしてくれるなあ。

よかったあ。
暴力ふるってなくて・・・。(笑)

じゃあ 指の この痛みは何だ?


やがてこの謎が解き明かされることになる・・・。

つづく・・・。



FC2 Blog Ranking ←ランキングに参加していますポチっとしてね♪

この記事が面白かった方は ↓拍手マークをポチっとしてね♪


でっかいプッチン
新潟地震から
なんとなく気分が晴れなくてUPできなかったけど
こんなのをみつけて ちょっと元気がでたよ。

200707221131144


これは でっかい!
となりのチョコボールと比べてわかるかな?

このプッチンプリンは400グラムもあるんだよ。

お皿にだしてみた↓




すんごいデッカイ!

カロリーも 500キロカロリーを超える!
ほとんど1食分のカロリーだよね。

食欲のないときには これでもいいかも知れない。
でも、食後のデザートで食べると・・・

太るで! 


ちょこっと甘いものなら
こんなのもあった。

チロルチョコの 塩バニラ。

200707221131142


チョコじゃないんかい!?
って思うけど
まあ、たまにはこんなのも いいんでないかい?



ところで、
気分的に しばらくブログに書き込めなかったら
まいったよ。
不思議なことになっていたの・・・。

管理人ページから 
中に入ろうと試みたひとがいるみたいでね
いろいろと入力した痕跡があって(笑)
私も入るのが面倒なことになっちゃった。

ほら、
銀行のキャッシュカードの暗証番号を忘れちゃって
何回か続けてやるとエラーになって
本人でも使えなくなっちゃうでしょ?
あーんな感じ。

「パスワードが間違っています。」 って表示されて
その度に パスワードを打ち込むことになっちゃったよ。

1週間もUPがなかったから
パスワード入力で記事をみるタイプになったのかと
思わせちゃったのかもしれないね。

新潟の親戚は いろいろ不自由なことはあっても
避難して無事だったことだし
私が凹んでいてもしょうがないから
元気だしていくわ。



FC2 Blog Ranking ←ランキングに参加していますポチっとしてね♪

この記事が面白かった方は ↓拍手マークをポチっとしてね♪





新潟の親戚が・・・
新潟の地震は 被害が甚大なようです。

私の母の実家は 新潟県刈羽郡で
親戚は刈羽郡と柏崎に集中しています。

3年前の中越地震(山古志村)のときも
かなり揺れはひどかったみたいだけど
甚大な被害もなく いのち拾いしました。

今回はちょっと厳しい・・・。

家族の連絡もつながらないようなときに
やたらと電話してはいけないと思い 控えているけど
うちの近所に住み
お互いの子どもが同じ中学に通う 
私のいとこに安否を聞いてみました。

電話線が切れてしまって つながらないとのこと。
ただ、そのいとこは実家の妹とメールがつながって
家族全員無事なこと
家が傾いてしまっていること
水が全くないこと
など ほんの少しの情報は得られたみたいです。

でも 地震発生直後(16日 午前10時過ぎ)から
メールを送り続けて
実家から返事が来たのが 17日の午前2時だったそう。

中継も混雑しているだろうから
お互いに気がもめたことと思います。
いとこの家族は 無事が確認できてよかったけど
同じ柏崎に住む親戚とも
山間部の刈羽郡の親戚とも
連絡はつかないそうで 心配な気持ちは続きます。

いとこの実家は 柏崎の駅前。
倒壊した呉服屋さんから翌日女性が救出されて
残念ながら亡くなった あの商店街とも近いです。

海岸に遊びに連れて行ってもらったとき
通った商店街じゃないかと思います。

海岸線に近い駅が 土砂崩れで不通になった 青梅川駅だっけ?
あの駅のホームが写ったとき
隣の駅名は 『くじらなみ』とありました。

『くじらなみ』は まさに
幼い頃連れて行ってもらった海岸です。

うちの兄ちゃん(タロウ)が1歳のとき
初めて海水浴に連れて行ったのも『くじらなみ』。

江ノ島や湘南海岸の混雑に慣れている
ハマっ子(横浜育ち)の私たちには
くじらなみ海水浴場は
「今日は混んでるね。」という声を聞いても
とっても空いているように見えて
水がキレイで
日本海は 太平洋よりもしょっぱい気がして
ちょっと沖にいくと
ガクンと深くなり 魚が大群で泳ぐのが見えたり
貝がとれたり
モリでイカがとれたり(30年も前の話だけど)
泳げない私が 岩場につかまりながら
まっすぐ潜って まっすぐ浮上して
潜水遊びをした
そんな思い出の海岸です。


ニュース映像で 避難所が写ると
親戚の姿を探します。
どこかに小さく写っていないか
無事な姿を探します。

インタビュー映像をみると
懐かしい新潟なまりに胸が痛みます。

辛抱強くて 優しくて あったかい新潟の人たちが
なんでまたこんな思いを強いられるのやら
悔しいやら 哀しいやら・・・。

いとこは最近 家を建てました。
その妹は 今年結婚します。
良いことが続くと言って 喜んでいた叔父さん。
「なにかと物入りだなあ・・・。」
嬉しい悲鳴を上げていた叔父さん。

なのに自分のところが一番大変なことになっちゃって・・・。

とにかく無事だったことは 喜ばなくちゃ!

他の親戚みんなの無事を祈らなくちゃ!
一日も早い復旧を祈らなくちゃ!



頑張れ、新潟県!



FC2 Blog Ranking ←ランキングに参加していますポチっとしてね♪

この記事が面白かった方は ↓拍手マークをポチっとしてね♪


15の夏 (番外編)
試合終了後、
相手チームのベンチに挨拶が終わると
自分のチームのベンチに戻り、撤収作業にはいる。

しかし、
そこには泣き崩れて立ち上がれない選手がいた。
しゃがんだまま泣いている。
人の目もはばからず 泣き続けている。

キャプテンのショウだった。

このチームはみんなの個性が強くて
まとめるのも苦労した。

やっかいな筆頭はタロウ。
チームで一番イエローカードが多い。
ポジション的なこともそうだが 体格も性格も影響している。

中学生というのは体格に差があるから
小さな選手が大きな選手と接触すると吹っ飛ぶ!
それでファウルを取られることもあったが
いつものディフェンスから 逆にオフェンスに配置されると
大きな体には マークが3人つくこともある。

フットワークで攻撃を止められないと
ディフェンス側はシャツを引っ張ったり足をかけたりと
ラフプレーも続発する。

さんざん我慢したあと爆発するタロウ
自分のシャツを掴んだ相手のシャツを逆に掴み返し
思いっきり投げ飛ばした拍子に 
投げ飛ばした選手の体で
他の2人をもなぎ倒してしまったこともある。
(まるでボーリングのピンのよう)
ワンプレイで3人 なぎ倒してしまった。

「あれは本来、一発でレッドカードだよ。」
あとで本部席に呼ばれ 注意されたこともあるらしい・・・。

やる気のみなぎるときは 誰にも止められず
逆にやる気のないときは ふてくされた、気の無いプレーをする。
すずりんがもしもコーチだったら・・・

ぶっとばす!
チームのムードを壊すな!と メンバーからはずすさ!

まだ中学生だから
大なり小なり 感情の起伏の激しい選手は他にもいる
それは間違いなかった。

ただ、
部活に参加することで
その感情の起伏の大きさを 小さくしていくことはできるはず。
技術だけでなく 心の上達もあって然り!

教育活動の一環と考えれば 
部活の本来の姿はそこにあるはず。

ところがこのサッカー部に それは望めない。
監督には そんな意識はさらさらない。
だから練習にも来ない。
監督がこない部活は 自由なムードがいっぱいで

カワイイ女子がいると
その部活のランニングについて行ってしまう部員。
カワイイ女子の部活練習を そのまま見学してて
サッカーの練習に来ない部員。

青春ドラマにありがちなムードいっぱい。
これが青春だ
飛び出せ青春・・・そんな感じ

微笑ましいといえばいえるが キャプテンにとっては
それでは 困るわけで・・・。


小学校のクラブチームのジュニアユースとかけもちで
監督に目をつけられ
「見せしめだ」とスタメンからはずされたり
試合の情況によっては 
すぐに「見せしめ解除」となり試合出場となる部員もいる。
タロウの所属したチームだったから
同じクラブチーム出身の数人は いつも監督の目の仇だった。

当然 控え選手たちの鬱憤もたまる。 

監督にどうしても従えずにいる部員もいれば
とにかくイエスマンに徹することで
監督に好まれる部員もいる。

そんな情況でチームをまとめるには
ショウにとって どれほど苦しいことだったか
タロウ
自分もショウを困らせた当事者でありながら
察することはできる。

最後の試合になってしまったこの場面で
ベンチに下がった悔しさも
自分に置き換えれば 想像することはできる。

泣き崩れるショウの肩に
タロウは手を置くことしか出来ない。
言葉がみつからない。
声をかけたいのに かけられない。
自分もあふれる涙をポロポロとこぼしながら
土で汚れた手で 顔をぬぐい
もう片方の手はショウの肩においたままだった。

立ち上がれないでいるショウを促し
やっとのことでベンチをあけた。

ベンチとは反対方向のグランドの一角に
チーム全員が集まった。
監督の最後の言葉は 何だったのか・・・。
タロウも話さないし 家族も聞かない。

一方 
1時間かけて車を飛ばして 応援に来ていた親たちは・・・。

沈んでいた。
我が子たちが悔いなく終わったのなら
親とて清清しく居られたかもしれないが
そうはいかない 消化できない思いがあった。

ショウの父親は 自分もサッカー経験があり
試合には必ず応援に足を運んだ。
いろんな思いを抱きながらも
何も言わず ただじっと 息子たちを応援してきた。

ショウと同じクラブチームに所属した子たちは
練習や試合でわからないことがあると
コーチの教えもちゃんと聞くが 
「おじちゃん・・・。」と
教えてもらいに行ったそうな・・。

そんなショウの父親が
搾り出すような声で 言った。
「アイツ(監督)のせいで負けたんだ!」

女の浅知恵で ワイワイガヤガヤと文句を言う
私たちのような母親とは違う。
サッカーもわかった上で じっと我慢し続けてきた
男親の吐き捨てた 悔しさのにじんだ言葉だった。

「このパパでも そう思ってたんだなあ。
  ずっと 我慢してたんだなあ。」
そう思うと ふと涙がにじんだ。

試合会場では 往々にして
熱くなった親が 監督の指示より早く
パスだ シュートだと 声を張り上げる場面はよくある。
T中学の親は 
『巨人の星』の明子ねえちゃんのように
木陰からそっと見守るような 
そんな控えめな親が多かったが、
他校でそんな場面に出くわすと
選手はそんな親の行動に赤面していた。
多感な年頃には しゃしゃり出る親の姿は 
とっても恥ずかしいものだ。

ショウの父親とて
声を出したかったに違いない。
だけど、じっと我慢した。

そして最後に搾り出した言葉が・・・。
悔しかったろう・・・。

そんなとき、
Y中学の選手たちが T中学の応援の親たちのすぐそばを通った。

ショウの父親が言葉をかける。

「頑張れよ!」

!!!!!

その言葉に 我に返った。

冷水を頭から かけられた気分だった。

そうだ、 これだ!

勝ち負けも大事だけれど
負けを認めて 勝ったチームをたたえる!

一番大事なスポーツマンシップの手本を
ショウの父親が示してくれた。

ショウのお父さん、ありがとう。

目が覚めました。


ーーーーーーーーー番外の番外ーーーーーーーー


帰宅したタロウは 泣きはらした目をして
憔悴しきっていた。
メロンパンをやっとかじって 塾に行った。

ショウも部屋でひとしきり泣いたらしいが
友達の誘いを受けて 塾に出かけて行った。

受験生の中学3年生という現実に すばやく戻った息子たち。

そして
ショウタロウ
偶然、夕飯がカレーだったが
ふたりとも塾から帰ったら おかわりしてたくさん食べた。

ショウの家がカレーにしたのは
「これなら食欲がなくても 食べられるだろうから・・・。」
愛情のこもった 手作りカレー。

タロウの家がカレーにしたのは
母親(すずりん)に飲み会の予定があったから
レトルトカレーになったのさ。

飲み会の予定は随分前に決まっていたので 
たまたま試合と重なったからだが
レゲエバンドが生演奏するから・・・っていう誘いだったが
あまりにうるさくて 30分で店を出た。

クラブチームの親たちの飲み会だった。
メンバーには サッカー部でも一緒の親もいた。

本当は、この引退試合の話もしたかったが
そんな話もできず
ものすごーく消化不良な思いをして帰ってきたのだった。

ただ、一緒に消化不良な思いをしたのは
サッカー部のケンの親だった。

レゲエバンドの店を出て次の店に移る途中の
短い時間で話してくれたことがひとつ。

試合の後半最後の方で
私がケンに声をかけたこと。

『ケーン! 走れ~!』

大きくルーズボールが出て 
センターライン近くから エンドラインまで勢いよく転がるボール
足の速いケンが集団から飛び出し
そのボールを追った場面。
後ろから相手チームの一人も追ってくる。
3年間ずっとおとなしく応援してきたけど
最後の最後で腹から声を張り上げた。
恥ずかしいかもしれないけど ゴメン!やっぱり応援したいよ。
心の中で そう子どもたちに謝りながらも
たまらずに 声を張り上げた。

『ケーン! 走れ~!』

ケンが一瞬こっちをみて
スピードアップした。

「あのとき、すずりんの声がハッキリ聞こえたんだって。
 他のおばちゃんの声はわからないけど
 タロウちゃんのおばちゃんの声が聞こえて 我にかえったって。
 もう走れないと思ってあきらめそうだったのにチカラが出たって。
 ケンが そう言ってたのよ。
 いいぞォ~! ナイス!って すずりんの声が聞こえると嬉しいって
 そう言ってたわ。」

ふと涙がでた。

そうだったのかあ。
ショウのパパと同じように
私も ずっと我慢してた。

ゴールを決めても褒めない。
けなすような マイナスな声しかかけない。
そんな監督を見てると
同じプレーでも 言い方で褒めてやれるのに!って
いつもいつも 奥歯を噛んで我慢してた。

小学生のクラブチーム時代。
私の声は通るから 
校舎の窓ガラスが一斉にビリビリ震えることがあった。
私の声が響くから 一軒家で雨戸を閉められたこともあった。

プレーの指示なんて出来ないけど
走れ~!
負けるな~!
ナイスプレイ!
ナイスキーパー!
そんな声はよくかけた。

中学生になったら さすがに恥ずかしいだろうと思って
応援で声は出さなかったが
「褒められたら嬉しかった。」 そう聞いたら
もっと、もっと
ほめて応援すればよかったなあ。

ゴールを決めても
「また誰々かよ!」なんていう監督に負けずに
「いいぞいいぞ~!」って
声かけてあげればよかったなあ。
いっぱい拍手してあげればよかったなあ。
「他のみんなも 頑張れ頑張れ!」って
いっぱい応援してあげればよかったなあ。

そういう意味じゃあ
悔いが残る!

親がしゃしゃり出て 子どもが目の仇にされては困ると
我が子を思って黙っていたけど
しゃしゃりの 出方を 考えて出てやればよかったのかも
しれないなあ・・・。

今となっては もう遅いけど。


そうそう、番外の問題外!

応援に来た女性に 「帰れ!」と怒鳴った監督だけど
今年、他校に異動になったその監督は
いまだに T中学の試合には毎回現れるそうな・・・。

たった一度 最後の試合に応援に来た人に
あーんなこと言ったのに
自分は未練たらたら 毎回来るそうで・・・。


今年のT中学の新しい監督は
先日引退となった3年生には 
ひとりづつに手紙を書いてくれたそうな・・・。
便箋に4枚~5枚にわたり 
心を込めて書いて 3年全員に書いてくれたそうな。

そういえば
タロウたちが1年間だけ習った監督も
3年生の送別会で ひとりひとりに声をかけてくれたそうで
涙ものの送別会だったらしい。

そんな2人の 素晴らしい監督の間で
最後の試合も
なんだかなあで終わったタロウたち

「オレって ホントに指導者に恵まれねー!
  高校のバレー部も ひどかったし。」

そうだよね、バレー部の監督は
ある日突然学校やめちゃったっけ。

番外編の番外編とか
番外編の問題外編とか
書き出すと限りなくて キリがない。

もうこれでやめておこう。

なんて言ってて 番外編の後日談とか
続、15の夏とか
15の冬とか 15の春とか?

わーっはっは。
またいつか飛び出すかもねえ~。





FC2 Blog Ranking ←ランキングに参加していますポチっとしてね♪

この記事が面白かった方は ↓拍手マークをポチっとしてね♪




15の夏 (後編)
T中学が1点リードして前半を終了した。

ハーフタイム

中学生大会では30分ハーフと言っても
真夏の炎天下、
熱風が吹き続ける状態で走り続けた前半戦で
選手たちの体力は消耗していた。

10分ほどのハーフタイムで
少しでも体力を回復させるには
火照った体を日陰で冷やし
冷たい飲み物を飲ませ
水分補給もさることながら
体の内側からも 体温を下げることに効果がある。
熱中症対策としても
とにかく体温を下げることだ。

貴重な時間だが残念なことに
T中学の選手たちは 炎天下のベンチにいた。

・・・・・・。

体力も回復できないまま
監督の的外れな熱弁を聞き流している。
数分もしないうちに
監督の声もなくなる。

暑さ対策もなくては 
戦術も作戦も 何も意味をなさない。


ベンチから少し離れたところには
20代の女性がいた。

3年生がこの中学に入学したとき
サッカー部のコーチングスタッフとして
OBコーチとともに
試合には必ず同行していた女性だった。
翌年、監督の異動にともない現在の監督になって
指導方法の違いから疎遠になっていた。

しかし、最後に面倒をみた生徒たちの
都大会進出をかけた試合に
わざわざ遠くから応援に駆けつけていたのだ。

疲労こんぱいしている選手たちが
疲れ以上にイラついているのを感じ取ったその女性は
ベンチから離れた場所にいる選手に
「頑張れ。」
「あそこはこうしたら、もっと余裕がでるよ。」
「とにかく声をかけ合って、コンタクトをとって!」

監督の邪魔にならないように
小声でアドバイスしていた。

的外れな熱弁をふるう監督の言葉よりも
すーっと耳に入ってくる懐かしい声。

選手たちの目が一瞬輝いた。

「来てくれたの?」
『うん、大事な試合だもんね。』
「ありがとう・・・。」
『がんばって!』


そこに、監督の怒声がとぶ!

「来るなって言っただろう!! 帰れ!」

応援に現れた 元スタッフの女性に向かって
放たれた言葉だった。

応援に来ていた親たちの表情が険しくなる。

「なんということを!」
「せっかく来てくれたのに!」
「あの人なら、
  炎天下にあんなところでハーフタイムとらせないよ!」
「アドバイスもらってこい。お礼言うんだぞ!。って
  行かせたっていいんじゃないか?」

選手たちの表情も険しくなる。
「応援に来てくれたのに・・・。」

これでは体力回復どころではない。


一方、Y中学は・・・?
校舎の日陰に集まり
疲れきった選手たちに風があたるように
風の通り道をあけ
さらに、控えの選手たちがタオルや団扇などであおいでいる。


これでは、
本部審判団にナメられてもしかたがない。

T中学の前任の監督は
その地域(ブロック)でもかなり人望があり
連盟だか協会だかの役員にも名を連ねていた。
現在の監督は 前任監督の七光り的に
その土壌にのっかっただけだった。

ということは、
応援に駆けつけた女性のことも 本部は当然知っているはず。
そんな場面の怒声は 本部にどう写ったか
推して知るべし・・・ということだ。

試合開始前のテントで自分だけ涼んでいた姿や
試合中の的外れな連呼。
選手に対する 心配りの無さ。
どれをとっても 
教育の一環としての部活動をしているとは
誰にも感じられない。

ナメたジャッジをされたところで
抗議もできないだろうと たかをくくられたと邪推しても
不思議ではない状態だった。

事実、
T中学の攻撃中
相手のゴールエリア内で競り合いながら
相手ディフェンダーが倒れざまに 手がボールに触れた。

主審はスルーした。
ホイッスルなし!

本来ならばゴールエリア内でのディフェンダーのハンドは
PK(ペナルティキック)が与えられるはず。

T中学にとっては
追加点のチャンスだったわけだが
スルーされている。

ルーズボールがラインを割り
どっちのボールに判定されるかは
多少のミスジャッジがあったとしても仕方がない。
しかし、PKになるべき場面でのスルーは
ワンサイドジャッジと疑われても仕方あるまい。

そんなイライラも消化できないまま
後半戦に向かおうとしていた。


ピー!

後半開始の合図が鳴った。

コートチェンジし、ゴールは反対側になる。

前半戦の炎天下から すこし曇り空になり
蒸し暑さが増す。


虎の子の1点を守らなければ・・・。
追加点を奪わなければ・・・。



ピー!


Y中学のファウルから、T中学はフリーキックを得る。
キッカーは、前半でコーナーキックを蹴ったナベ

センターライン付近にボールを蹴り上げた。
一瞬の隙をつき インターセプトされる。
ディフェンダーがポジションを固める。
センタリングを上げさせたくない。
左サイドのディフェンダーが抜かれる。
センターバックのタロウがカバーに入るが
一瞬早く センタリングを上げられる。
マズイ!


GOAL!!!


Y中学のボレーシュートがゴールに突き刺さる。

後半開始4分、同点に追いつかれてしまった。

T中学のイレブンが呆然とする中
Y中学のシュートを決めた本人が
ゴール内に転がるボールを拾い上げ
センターサークルに直接運んだ。

もう1点取るぜ!

そんな気迫がみなぎっていた。

激しい攻防が繰り返され、
同点になってから残り25分の後半戦が
1時間かと思うほど長く感じられた。

しかも偏ったジャッジは依然そのまま。


ピピー!!!


後半戦終了のホイッスルが鳴った。


都大会進出をかけた試合。
リーグ戦ではないので 勝敗を決めなければならない。

延長戦はサドンデス。
一応、前後半の時間は定めるが
とにかく先にゴールを決めたチームの優勝となる。

T中学ではメンバーチェンジがあった。
過酷な試合に 
なかば熱中症状態から足がつってしまい
動けなくなったキャプテンのショウにかわり
地元クラブチームから中学の部活に編入してきたサブ
中盤に補強された。
キャプテンのポジションは左サイドだったから
若干のポジション修正があったが
選手の気持ちはひとつ
「絶対に勝つんだ!」

キャプテンマークの腕章を受け取ったタロウ
大事な黄色いキャプテンマークを
その左腕につけた。

本当ならフォワードのムラに渡すはずだったが
「我慢しろ!勝てるから!」
前半でカリカリするタロウを必死に抑えた
キャプテンショウの想いを無駄にしないように
自分を抑える意味で 自分の腕につけたのかもしれない。

ピー!

サドンデス前半戦が始まった。

後半開始には曇っていた空からは
ポツポツと雨粒が降ってきていた。

嵐の予感。

途中出場のサブ
中盤の役目を見事に務めていた。

ボールの位置により 手薄になったポジションには
素早くつめてカバーする。

見方がボールを出す位置を見失うと
さっと寄っていき パスを受ける。

疲れきって
死にかけたチームが生き返ったようだった。


Y中学のボールを奪ったナベ
中盤のサブに運ぼうとドリブルでキープする。
T中学はバックもプレス気味に上がり
体の大きなタロウも 本来はセンターバックだが
ゴール前の競り合いに身長を生かせるようにと
ジリジリと前線に上がり始めたその時だった。

パスをまわし始めたT中学の一瞬の隙を突き
インターセプトされ、
ボールは選手たちの頭上にふわっと上げられた。

バックに一人残っていたアツの頭上も越えた。
必死に戻るアツ
ゴールキーパーは早くボールを掴もうと前に出たが
コンマ何秒の差でY中学のフォワードがボールを捕らえ、
キーパーを抜いた。

GOAL!!!


サドンデス開始1分。

あっいう間の出来事だった。

飛び上がって喜ぶ真っ白なユニフォームのY中学
何が起こったのか夢でも見ているように
立ち尽くし 1歩も動けずにいる真紅のユニフォームのT中学

あまりにもハッキリと分かれた明暗。
両チームの応援する親たちの
歓声と悲鳴。

ピッピッピー!!!

試合終了のホイッスルが鳴り響く。


T中学 1 - 2 Y中学

両チームの選手たちがセンターラインに集合し
主審から試合結果を宣告される。

2対1で Y中学の優勝です!

「ありがとうございました!」

Y中学の都大会出場が決まった

選手どうしの挨拶のあと、
相手チームのベンチに挨拶に向かう選手たち。

Y中学ベンチでは
涙を必死にこらえてお礼の頭を下げる
負けたT中学の選手たちをあたたかく迎え
健闘をたたえる監督と控え選手たち。


一方
T中学のベンチでは・・・。
・・・・・・。
この人が引き継いでくれなければ
廃部になったかもしれないサッカー部を引き受けてくれた
そのことには感謝しつつ
残念な行動については
あえて細かい表現はやめておこう。

ただ監督にひとこと、


スポーツマンの心得を、勉強しなおしてこい!


こうして
タロウたちT中学サッカー部は敗退し15歳の夏は終わった。


番外編につづく・・・。


※ 事実に基づいて構成されていますが
    登場する選手たちの名前は仮名です。




FC2 Blog Ranking ←ランキングに参加していますポチっとしてね♪

この記事が面白かった方は ↓拍手マークをポチっとしてね♪





15の夏 (前編)
2004年7月10日、

陽射しが強く蒸し暑い日だった・・・。

T中学サッカー部は、都大会進出をかけて
ブロック大会決勝の場所にいた。

対戦相手となるY中学が会場となっていた。

14時の試合開始を前に
両校の選手たちはウォーミングアップを始めている。

Y中学は 会場校ということもあって
スターティングメンバー以外は
本部席のテントを組んだり 椅子を用意したり
ラインを引いたり 水をまいたり
裏方の仕事もやっている。

Y中学の監督は 試合前だというのに
汗だくで奔走している。

わがT中学の監督は
選手たちがアップで汗をかいているときに
テントの日陰で 悠長に涼んで・・・。

はあ~、
見てはいけない。
気にしてはいけない。

ふだんから意思の疎通がはかれないまま
ここまで来てしまった選手たちは
自分のやるべきことだけに集中していた。

ウォーミングアップに与えられた時間も終わりに近づき
試合開始の準備をするようにと
本部の審判からホイッスルの合図があった。

さあ、決戦!
この試合に勝てば 都大会進出!
今まで積み重ねてきた全てを 出し切る時がきた。

T中学のベンチ前、
スターティングメンバー11人が円陣を組み
意思統一をはかる。

がんばっていこうぜ! オーウ!

いつもの合図、
円陣を組んだまま片足でトンと地面を蹴ると
それぞれのポジションに散っていく。

Y中学のベンチ前、
今まで裏方で走り回っていた選手たちや
まだユニフォームも揃っていないのか
体操着姿の小さな1年生も集合して 
スタメンと一緒にサッカー部全員で
もちろん監督も輪の中に入って
大きな大きな円陣を組んでいた。

これこそ一丸となって 戦いに挑む!

この時点で 
チーム力に差が出てしまっている。

しかし、 負けたくない!


ピー!

14:36 キックオフ。

都大会進出をかけた試合が始まった。

風が強い。
熱風が吹き続ける。

ゴールの左前方には 野球のピッチャーマウンドがある。
都立の中学は どこの校庭でも
サッカーコートと野球場が共存していて
土の盛り上がったマウンドは存在する。
今さら どうということはないが
サッカー部にとって
決して恵まれた環境とは言えない。

転がっていったボールが
盛り上がったマウンドを越えるとき
平らな土ならありえないようなバウンドをしたり
イレギュラーな動きをする。

それでも選手たちは必死にボールを追う。

開始10分。
そのマウンド付近で
ボールを追ってきた両校の選手が接触し
ボールはサイドラインを割った。

サイドライン際には
旗を持って併走する 副審がいる。
瞬時に、ディフェンス側のT中学ボールだと
進行方向とは逆方向に旗を揚げた。

しかし、
かなり後方から追っていた主審は
オフェンス側のY中学ボールの判定で
進行方向に手を挙げ ボールをY中学に渡せと合図。

後方から見ている主審よりも
ボールのすぐ横を併走し 
目の前でジャッジした副審の判定が 覆された瞬間だ。

えっ・・・?

これでは副審の存在する意味が無い。

ふ~ん。

まっ、よくあることだ!

気持ちを切り替えろ。
守るぞ!

このときは切り替えた気持ちだが
その後
試合が進行していくうちに
えっ?
ウソだろっ!
おかしいぞ!

やけにY中学に有利じゃないか?

小さな疑問が 確信に変わり始めたとき
センターバックのタロウ
ある行動に出ようとしていた。

ただ、独断の行動が
この大事な一戦に陰を落とすといけない。

タロウはキャプテンのショウに声をかける。
『イエロー(カード)もらうの覚悟で 抗議していい?』
かなりカッカきているタロウ
ショウも気持ちは同じだった。

しかし、ショウは言った。
「いやっ、勝てばいいんだ。勝てるから!」

「わかった。」
タロウは キャプテンの言うことを守った。

必死にボールを追う。

おかしい!
まただ!

そう思うたびにタロウショウを見る。
そのたびに ショウは合図する。
『我慢しろ!勝てるから!』

選手たちの苛立ちは
応援のために1時間も車を飛ばして集まった親たちにも
わかっていた。

例のごとく
戦術もなく 選手の名前をただ連呼する監督。
練習にも来ず どんな練習してたのかも知らない監督。
いちいち挙げたらきりが無いが
試合中に浴びせられる監督の声にさえ
いらだつ選手たち。

そこへ 偏ったジャッジだ。
血気盛んな中学生が爆発しそうな感情を抑えて
ボールを追っている。

ショウ!』
ジリジリとするタロウは たまらず声を出す。

「我慢しろ、タロウ!」

ギリギリの精神状態で試合は続く。

中盤からサイドにボールが流れ
T中学の俊足 エイジが左サイドから攻めあがる。
シャツをつかまれても 体がぶつかっても
フィジカルの強いエイジは負けない。

さらに前線に向けて早いパスを出すと
Y中学のディフェンダーの足がボールに触れ
そのままエンドラインを割った。

T中学にチャンスが巡ってきた。
コーナーキックだ!

向かい風の強い中、
風に流されるボールを何度か置きなおし
狙いを定める。

ほんの2~3歩助走をつけて
ゴール前に集まる仲間たちめがけて
センタリングを上げる。

次の瞬間、
ボールは ゴールのサイドネットの奥深く
吸い込まれていった。

誰かのヘッドが決めたのか?
でもボールの軌道はほとんど変わっていない。

コーナーキックを直接ゴールに決めるように
練習の空き時間にはコーナーキックを練習していた 
ナベの努力が実ったのか・・・。
あっというまの出来事だった。

GOAL!!!

前半開始21分。

タロウたちT中学待望の先制点を挙げたのだ。

真紅のユニフォームを着たT中学のイレブンが集まる。
ハイタッチをする者
抱きつく者
思い思いに喜びを表現している。

T中学 1 - 0 Y中学

このまま
大事な1点を守り 前半は終わった。


後半へ つづく。


※ 事実に基づいて構成されていますが
    登場する選手たちの名前は仮名です。






FC2 Blog Ranking ←ランキングに参加していますポチっとしてね♪

この記事が面白かった方は ↓拍手マークをポチっとしてね♪


法事でコソコソ♪
7日(土曜日)は、親戚の法事があった。

斎場で読経があり、お焼香。
お墓に行き、さらにお焼香をする。
一連の法事の流れも終わり
場所を移して住職と一緒に会食。

霊園から車で10分ほどの場所にある
和食のお店で食事をした。

和服を着た店員さんが一品ずつ運んでくる
ちょっと高級和食店。

飲み物の用意も整い、献杯。

さてさて、ここからちょっとね♪

法事に出席していた若い夫婦(ダーリンのいとこ)と
1歳の赤ちゃんの様子が なんだかあわただしい。
夏風邪で熱っぽかった赤ちゃんがグズりだしたのだ。
部屋に入ると泣き出す。
廊下に出ても泣き出す。
おばあちゃん(ダーリンにとっては叔母さん)が抱いても泣き出す。
とにかく調子が悪いから何をしても泣きたいのよね。
本人が一番つらいんだからしょうがない。

結局、若い家族は帰宅した。

子ども用のお料理はすでに出されていたから
持ち帰らせてほしいと店に頼むと
「食中毒防止の為ダメです!」と断られた。
うーむ、その理由も仕方ない。

このお店、けっこう値段がお高いの。
帰宅となったら お店側は
大人の分はお料理をストップするという。
料金がどうなるのかと訪ねると
「正規の料金を頂ます!」とのお返事。

ならば、出席者でいただくので
大人分のお料理は予定通り出してください 
ということになった。

私はその若夫婦のお母さん(ダーリンの叔母さん)の隣の席。
いっとき叔母さんの姿が消えたと思ったら
店の近くのコンビニに行ってきたという。

ラップ、ホイル、そして何故か紙皿を買ってきた。
「持って帰ってあげたいから、すずちゃん、手伝ってくれる?」
「はい、わかりました。」

少しでもご馳走を食べさせてあげたい
そんな親心からだった。

ところが、
先ほどのやりとりのように
店側は【持ち帰り厳禁】が建前。
客側の気持ちはわかっちゃいるけど
やっぱり建前は主張する。

叔母さんは、
家は店から15分の距離だし食中毒なんて大丈夫よ。

うんうん、それもわかる。

なーんて強気なこと言うけど
行動がどこかコソコソしてるから怪しいオーラ出しまくり。(笑)

コンビニに行っても
お弁当のプラパックとかを探す余裕もなく
紙皿を買ってきたから 非常に詰めにくい。

高級な和食屋さんは 法事用の食事とはいいつつ
松花堂弁当とか お重箱とか そういう形式じゃなくて
一品ずつ、運んでくるから
和服の店員さんがひっきりなしに部屋に入ってくる。
そのたびに挙動不振な叔母さんとすずりん。

紙皿にお料理を載せると
「すずちゃんの方に置いて。」と渡される。
するとテーブルの下に隠す。

ゆでたカニ。
焼いた伊勢海老。

紙皿が 私のテーブルの足元に重なっていく。

そんなことをコソコソとやりながら 叔母さんの告白話。
「私ねえ、こういうの要領が悪いのよ。
 女学生のときもね カンニング失敗したし!」
『えっ?そうなんですか?』

「隣の席の友達がね
  ○○ちゃん、私の答え写しなよってね
  答案の隅っこに書いて私に合図してくれたのに
  そのメモさえ見る勇気が無くてね
  そのまま答案出しちゃった。
  友達もメモ書いたまんま出しちゃった。
  呼び出されて先生に怒られたんだけど
  カンニングしてないから書いた答えが全然違うし
  私の方が点数悪かったし
  友達の方が私より怒られちゃってね・・・。」
『えええ~・・・へへへ。あははは・・・。
  大変な告白聞いちゃって・・・いいんですか?』
「いいのよ、すずちゃん笑ってくれるから。」

てんぷらが出てきた。
ビニル袋に若夫婦と叔母さんの分と3人分入れる。
そして、
「すずちゃん、足元にお願い。」
『はあい。』

「ねえ、すずちゃん、
  さっきの伊勢海老、食べた殻の数が合わないって疑われるかな?」
『えええ~・・・あははは。』
「指摘されたらさ、
  えっ?殻は残すんですか?食べちゃいましたって言おうか。」
『歯が丈夫なんでって言いますゥ・・・?』

伊勢海老を殻ごと食べたら 
たぶん、クチのまわり血だらけだろうな・・・。
想像しながら笑いまくる。

怪しいオーラ出しまくりなのに 笑ってる二人。

空いたお皿は
店員さんが来るたびに
さも 私が食べちゃったように 大食い主婦を演じて
「ベフっ」とかナントカ言いながら テーブルの隅に重ねるすずりん。
気分は完全にギャル曽根ちゃん!

「すずちゃん、ごめんね。
  コンビニでも慌てちゃってさ
  プラパックも頭に浮かばなくて あわあわしてて
  紙皿買っちゃったから 詰めにくいでしょ?
  しかもさ
  1円玉だと思ってレジに出して早く帰ってこようとしたら
  ボタンだったのよ~。
  紛らわしいボタン お財布に入れてたのォ。
  店員さんにも笑われちゃったわあ。」
『あらまあ・・・。』 笑うっきゃない。

ガサゴソしてる叔母さん。
今度は、茶碗蒸しを紙皿に・・・。

いやあ、それは危ないぞォ・・・。
水気が多いから、ドロンドロンだもんなあ。
一つ、二つ。
ちょっと深さがある紙皿だけど
タプンタプンしてるわけ。
おおーっと3つめも入れたぞお。

叔母さん、お刺身はどうしたんだろう・・・?
ラップでくるんで、和紙で包んで・・・
えっ?お茶菓子だって言い張る?

お寿司も出てきたぞ。
あっ、デザートのメロンだ!
一切れずつラップでくるんで・・・。
「すずちゃん、メロンがグルーっと1個分になっちゃうね。
  切らなくていいから 丸ごとくださいって
  言えばよかったかなあ・・・。」
『そうしたら、お持ち帰りがバレバレですよ。』
「そうかあ・・・。」

また笑い出す。

コソコソしながらずーっと笑ってるもんだから
ダーリンのお母さん(お姑さま)がやってきた。
いきさつを聞いて笑い出した。

「なんだあ、私たち姉妹に言いなさいよ~。
  アナタ(叔母さんのこと)こういうの要領悪いんだからぁ
  うちのすずちゃんを共犯者にしないでよ~。(笑)」

いや、犯罪は犯していませんぜ。(爆)
ただ、コソコソしてるだけ~。

お姑さまは長女。
この叔母さんは4女。
間に叔母さんがあと2人と叔父さん1人。
5人きょうだいなのさ。

この法事は3女の叔母さんのご主人の7回忌だった。
普段から仲のいい姉妹だから 笑い声の耐えない法事。
甥っ子の中で一番年長がうちのダーリンだから
初めにお嫁に入ったすずりんは 可愛がってもらってる。

そんなんで 私と叔母さんの二人が
笑い転げてても 別に不思議じゃないんだけど
なにしろ、叔母さんの行動があまりにも怪しくコソコソしてるから
叔父さん叔母さんたちも なんとなくコッチをみて笑ってる。
とうとうお姑さまも
「なんだろう・・・」って 寄ってきたわけ。

叔母さんはご主人を40代で早くに亡くしたから
女手ひとつで子どもふたりを育てた。
長女のお姑さまとは一回り(12歳)ちがう。
ダーリンとは 逆に一回り(12歳)しか違わない。

苦労した一番下の妹が今、新米おばあちゃんをやってるのを
叔父さん叔母さんたちは微笑ましく見てるのね。
もうみんな、おばあちゃんになって久しいから・・・。

一番上のお姉ちゃんのところのお嫁さん(すずりん)が
こちょこちょ一緒にいるから
みんな、だまーって見守ってる。

そんな感じなんですわ。

挙動不振な法事で おかしかったあ!

でもさ、
ちゃんと料金払ってるんだから
万引きしてるわけでもないし、
万が一 食中毒になっちゃっても
お店の主張はわかってるから クレームもつける気ないし
堂々としてりゃいいんだけど

あからさまにやらずに コソコソしてる分
黙認してくれたのかもしれないね。

もちろん、器はちゃーんと残してきたよ。
当たり前だけど・・・。
だから、茶碗蒸しが紙皿でタップンタップンしてたんだもん。



そうそう・・・。
叔母さんの告白話はまだあった。

叔母さんが中学1年のときに うちのダーリンが生まれた。
初めての甥っ子が可愛くて可愛くて
大きくなるのが可愛くて、
手の大きさやら 足の大きさやら
おなか周りやら
しょっちゅう測って日記に書いていたそうな・・・。
あるとき、叔母さんが学校に行ってるときに
母親であるお姉ちゃん(私にはお姑さま)に日記帳がみつかった。

「いくら可愛くても
  おチ○チ○の長さまで測らないの!」って
笑われたらしいぞォ。

この叔母さん、
まだ赤ちゃんだったうちのダーリンのことが本当に可愛くて可愛くて
毎日のように乳母車に乗せて散歩してた。
あるとき犬と出会って吠えられたら
あろうことか 赤ちゃんの乗った乳母車をその場に放置して
泣きながら逃げ帰ったそうな・・・。

もちろん、すんごく叱られたとさ。

この叔母さん、
もしも男の子だったら・・・

サザエさんの弟の

カツオくんだなっ!

えへへへへ。


FC2 Blog Ranking ←ランキングに参加していますポチっとしてね♪

この記事が面白かった方は ↓拍手マークをポチっとしてね♪


舞妓Haaaan!!
200707041556392

たのし~い!!!

おもしろ~い!!!

気分が晴れた!

元気がでた!

いっぱい笑った!

なーんにも考えないで 純粋に楽しめた!


鬼塚公彦=通称きみちゃん(阿部サダヲ)は
学生時代に修学旅行先の京都で迷子になる。
そのときに優しくしてくれた舞妓さんの魅力に嵌り
以来、舞妓さんに憧れて恋焦がれて
生活の中心は舞妓さんになってしまう。

舞妓さんのことを綴った
自分のホームページまで作ってしまい
「アラシ」の攻撃に耐えながらも
舞妓さんとのお座敷遊び(野球拳)を夢見る日々。

はたして、きみちゃんは
お座敷遊びをすることができるのか・・・。

大好きな舞妓はんに逢うため
お座敷遊びをしたいがため
もうもう、それはそれはハイテンションで頑張るの。
ただ騒ぎまくるんじゃなくて
ハイテンションで努力するのよね。

舞妓さんをお座敷に呼んで
お茶屋遊びをするって ものすごい努力がいるの。

だからもう、死にものぐるいなんだけどね・・・。

映画館はけっこう満席で
上映中は笑い声が絶えなかったよ。

クスクス・・・。
ぶっ・・・。(^。^)
ケラケラケラ・・・。
ぎゃはははは・・・。



出演は
CMでも流れてるけど
プロ野球8億円プレーヤーの内藤喜一郎役に堤真一。
20070704155639

この人は本当に芸達者だねえ。
低音の魅力にしびれちゃうのに
もんのすごく3枚目なこともできる。
ハンサムな彼が ちょっと間をはずしたりするから
なおさら可笑しい!
だーけーど、
ちょっとシリアスな、ジーンと来るシーンももちろんGoodよ!


200707041556394

駒子役の小出早織ちゃん。
はんなりしてて、かわいらしくて
芯が強そうで、健気で・・・。

う~む、ミス舞妓はん!?

本当に舞妓さんの雰囲気があってて
とにかくかわいい!

20070704155638

大沢富士子役の柴咲コウちゃん。
舞妓好きのきみちゃんに会いたくて
舞妓さんになろうと決心。
駒子のいる【置屋】に入門する。

他にはね、
怪しげな外科医に、北村一樹さん。
西陣の社長さんに、植木等さん。
きみちゃんの勤務先の社長に、伊東四郎さん。
きみちゃんの上司の部長に、生瀬勝久さん。
きみちゃんの後輩社員に、大倉孝ニさん。

ねっ!
顔ぶれだけみてもおもしろそうでしょ?


200707041556396

↑これはね、パンフレットに付録でついてた【すごろく】

映画のいろんなシーンが登場して面白いよ。

サイコロと個人札は自分で用意してね。

レディースデイに1000円で観たけど
これは安い!と感じたなあ!

オススメよ!

観たあと、気分が軽くなるよ!

もう1回見たい!



FC2 Blog Ranking ←ランキングに参加していますポチっとしてね♪

この記事が面白かった方は ↓拍手マークをポチっとしてね♪



クイーン
20070629232021
エリザベスでんがな!
実在のエリザベスでおまんがな!

世界で一番有名な エリザベスどすえ。

いたいけな子どもをだました
すずりんの 【エリザベスどすえ】  じゃありませんのよ。


映画【クイーン】を観たんだけど
↑の画像、本物のエリザベス女王にそっくりでしょ?
ヘレン・ミランっていう女優さんだよ。

この話は実話をもとにしている。
実話から浮かび上がる【女王像】っていうことかな。

話は、1997年5月
ブレア首相が着任したところから始まる。
そして
3ヵ月後の8月30日を迎える。

そう!ダイアナがパリで交通事故死した日。
もう、10年も経ったんだね。


ダイアナは元皇太子妃。
チャールズ皇太子とは離婚が成立している。

一般人の身にはなったものの
未来のイギリス国王の生母なわけだし
ダイアナを、ただの女性として扱うところは
世界中のどこを探してもないほど その人気は高い。

一方王室は
その伝統と格式を重んじていることから
こういう一大事が起こったときの反応も
急に変えることはできない。

長い歴史のしきたりに沿って事にあたれば
現代の流れとはかけ離れてしまう。

国民感情も、世界中の注目も
全部が納得するような反応はどうしたらいいのか・・・。

ダイアナの事故から
エリザベス女王の公式コメントが発表されるまでの1週間を
一日ずつ追って 話は進む。

就任したばかりの若い首相と、その政府。
伝統を重んじる王室。
誰かがパイプ役になっても
話はややこしくなる
結局は直接、本人どうしが連絡を取る意外に
お互いの考えや主張を汲み取ることはできない。

女王としてのエリザベスと
妻であり、母であり、祖母であり、
皇太后の娘でもあるエリザベス。

とっても人間的に描かれていたよ。
ダイアナとは別れてしまった、チャールズ皇太子も
世間が考えているイメージよりも 父親だった。

革新的で現代的だと思われているブレア首相は
結局
エリザベス女王の 一番の理解者になっていくんだな。
立場で発言する重さを お互いがわかっているから。

当時の、実際に流れたニュース映像や
ダイアナのインタビュー映像も交えて構成されているし
しかも、
エリザベス役のヘレン・ミレンは
この作品でアカデミー賞・主演女優賞を受賞してるだけあって
本物の女王にそっくり!
気品の高さもそのままで
これはドキュメンタリー?って思うほどだったよ。

宮殿に山のように供えられた花束を見るふたり↓
ニュースで見たことあるでしょ?
だけど、実際の映像じゃなくて
フィリップ殿下役のジェイムズ・クロムウェルと
ヘレン・ミランの二人なんだよ。
本物かと思っちゃうほど似てる。

20070629232020


ネっ (^_-)-☆

このシーン、
とってもジーンとくる部分があった。
エリザベスが自分の人生全てを捧げてきた女王の立場と
一人の人間としての心と
国民とのつながりと・・・。


いい映画だと思ったよ。


FC2 Blog Ranking ←ランキングに参加していますポチっとしてね♪

この記事が面白かった方は ↓拍手マークをポチっとしてね♪

もうすぐ77777
最近は、キリバンも何も気にしてなかったんだけど
今回はぞろ目の

77777 だわ。

誰が踏んでくれるかな?

77777を踏んだ人には いいことがありますように!



ところで
土日のバイトで ちょっと腰を・・・。

ギックリはしなかったんだけど
じわーっと 痛めちゃった。

椅子にすわるのがツライので ちょこちょこと見にこられないけど
夕方仕事がおわったら覗いてみるね。

キリバン踏んだひとは 「はあい!」って
書き込んでくれてたら嬉しいです。

よろぴく!





ザンネーン!

通りすがりさんだったみたいだね。(7/3 AM10:58 追記)
いらっしゃいませ
今何人いるの?
現在の閲覧者数:
カーエルの予言
過去記事検索
いつ書いたかな?
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のネタだよ♪
コメント感謝です♪
応援ポチしてね♪

FC2ブログランキング

カテゴリー
コマーシャル
掲示板にも遊びに来てね~♪

すずりんのお気に入り
また来てね♪
月別アーカイブ
文字の大きさ
運だめし♪

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
すずりんへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックバック(記事紹介)
06,01,30~
どのくらい?
全タイトルを表示
プロフィール

suzurinn

Author:suzurinn
B型、さそり座、亥年。
天王星人(-)
血液型動物占いでは、ひつじ。
特技はバスケ、食べる、寝る。

無料投票コーナーどすえ
質問 どんな映画が好き?
洋画 ラブスーリー
洋画 サスペンス
洋画 人間ドラマ
洋画 スペクタクル
洋画 痛快娯楽劇
洋画 なんでも好き
邦画 ラブストーリー
邦画 文芸作品
邦画 推理作品
邦画 TVシリーズ続編
邦画 痛快娯楽劇
邦画 人間ドラマ
邦画 時代劇
邦画 なんでも
アジア系(韓国・中国他)

コメント



- リサーチ/アンケート -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

すずりんのネタ拍手ランキング
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。