現在の閲覧者数:
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水パニックの瞬間
先週、飲料水から放射性物質検出のニュースがあった日のこと
その時も私はバイト先のコンビニのレジに立っていた。

突然 ミネラルウォーターが売れ出した。
「もう倉庫にはないんですか?」
お客さんからの問いかけに 冷蔵室に飛んで行った。
ケースに入った水はまだあったけど
お客さんはとても急いでいる様子だったので
棚にあったペットボトルを数本だけ用意した。

午後3時ころのお茶時だったので
町内会か何かの集まりかな?と思った。

たまにお茶のペットボトルを10数本買っていかれる方がいて
領収書を用意することがあるから
そんな感じかな?と思ってたら
どうもそうではないらしい。

次々に水のペットボトルを求めたお客さんがレジに並ぶ。
客足が少し落ち着いたころ
隣のレジに立っていたスタッフからこんな話を聞いた。

「浄水場の水から 放射性物質が出て
  この町田市もそこから供給されているらしいよ。
  小学生から聞いたの・・・。」

すぐに冷蔵室に行き
ケースに入ったミネラルウォーターを
店側の陳列棚に補充した。
でも 550mℓ入り 4ダース分しかない。
2ℓ入りの水は数日前から全くないし
ほんの数本残っていた1ℓ入りはさっき売り切れた。

事務所に入り店長と相談して
「お一人様 2本まで」に設定をした。
最初のお客さんから数人が10本単位で購入されたので
一人でも多くの人にいきわたるようにと配慮したためだ。

っで、放射性物質の件の詳細は全くわからない。
どの程度のものなのか
全く使えないほど 危機的な状況なのか・・・。
突然水が大量に売れ出した時間帯のお客さんの様子はまちまちで
目がつりあがっている人もいたし
淡々としていた人もいた。

「お一人様 2本まで」 の張り紙の前で6本・・・7本と抱える若いママさん。
「申し訳ございません。お一人様2本まででお願いしているんですよ。」
失礼のないように 優しく声をかけたが
「家族で来てるんですけど!!!」
血走った眼で 声を荒げてかみ付かれた。
何だコイツ! と思ったけど
こちとら何せ 詳細がわからないから 
子供のために買ってるのねと思いなおし
何も言わず 連れている子供の人数を目で確認した。

小さいお子はね 
外で喉が乾けば 水道水を平気でガブガブ飲んじゃうもんだよ。
親や先生の心配も あんまり気にしないもんだ。
守ってやりたくても 目が届かないところではそんなもん。
そんなもんだからこそ 家でだけでも・・・と思うのかもしれない。

おじいちゃん おばあちゃんも水を求めてやってきた。
「生まれたばかりの孫に 少しでもあげたくて・・・。」
それでも 2本ずつしか・・・。
「ご不便をおかけして 申し訳ございません。」
丁寧に頭をさげた。
「あなたが謝らなくてもいいのよ。 誰も悪くないんだもの。」
優しいおばあちゃんの言葉に 目頭が熱くなる。

そうだよね。 誰も悪くない。
命がけで懸命に作業をする最前線の人たち。
一日一日 必死に命をつなぐ被災した人たち。
誰も悪くない。

帰宅してすぐにテレビをつけた。
データ放送で水道水に何があったのかを確認する。
 ◆ 乳児には飲ませないように・・・
 ◆ 乳児以外は・・・大丈夫かあ。
 ◆ 炊事も お風呂も 大丈夫なのね。

ミルクしか飲めない乳児には 安全な水をあげたいね。
子供たちは 大丈夫 大丈夫!
赤ちゃんでも
毎日毎日 水道水だけを飲んで 1700ℓまでいったら
検査した方がいいかもよ~ なのね。 ふ~ん。
大人はその6倍?
毎日毎日 水道水だけを飲んで 10000ℓまでいったら
念のため検査したほうがいいかもよ~ なのか。
1日2ℓとして10000ℓ飲むには えっ? 14年?
ジュースとか他の水分とったら 何年かかる?
1日2ℓって 飲むのは結構大変だ。
やってみたら 1,5ℓでも おなかパンパンになった。

放射性物質の値は 意外に早く落ち着いた。
翌日には 基準値以下になった。
もう ふつうに飲んでも大丈夫だそうな・・・。

マッチ棒に火をつけるように一瞬で
パニックってはじまるもんだね。

そういえば
ガソリンパニック!
家の前の道路の100mくらい先にガソリンスタンドがある。
震災から10日くらい
朝から晩までずっとスタンドに並ぶ渋滞だった。
 

テレビでメッセージが流れ始めた。

がんばろうニッポン!
つながろうニッポン!
支えあおうニッポン!

ならばひとこと!

落ち着こうよ トウキョウ!

政府はできるだけ情報を開示しようとしてる。
出された情報をどう判断するかは 一人一人のチカラだね。
今こそ試される 日本人の大人力!

国土の半分近くが災害に見舞われたんだもの
何かが足らないのはしかたない。
ほんの数週間でいつもどおりなんてのは無理だよね。

被害のなかった地域にいる私たちは・・・
食べるものがあって幸せ。
安心して眠れる場所があって幸せ。
仕事があって幸せ。
身近な人に何事もなくて幸せ。

小さなことに感謝したときから
小さな我慢ができるような気がする。

何でも手に入って満足する幸せから
困っている人たちと分け合う幸せに 
かわっていけるといいね。

余談だけど・・・
震災からほぼ10日 うちはスーパーに買い物に行かなかった。
落ち着くまで待とう という気持ちもあったけど
家にあるもので過ごそうと思った。
食材が乏しいと 何とかしようと工夫する。
いつもは手抜きで  『 一汁一菜 』
だけど 缶詰を使ったり 乾物を使ったりと工夫して
肉や魚のメインが無くなったことを
家族に悟られないようにごまかしてるんだけど
『 汁なし二菜 』 とか 『 お茶あり三菜 』 になったりする。

「あれっ? いつもよりバラエティに富んでるね。」
家族も メイン不足はわかってるけど
なくなっていく食材で工夫してることを察して笑う。

震災のあと 帰ってこれずに会社に泊まったり
停電や部分運休で 数駅先まで早朝5時から歩いた 夫と長男。
ほんのちょっぴりだけど 本当にちょっぴりだけど
不便を味わった。
家族が揃わない夜の寂しさとか心細さを
ほんのちょっぴり
申し訳ないけど 本当にちょっぴり味わった 私と次男坊。

「あったかいものが食べられて幸せだね。」
「あるものでいいよ。」

雪がちらついた日
いつもは薄着に裸足で すぐにエアコンをつける息子たちが
一枚多く服を着て 靴下を履いていた。

エアコン我慢!という言葉より
「重ねて着られるものがあって幸せだね」という気持ちが前に出た。
エアコンつけなくても あったかいよ。

雪の寒さを被災地のひとたちに重ねる。

寒さ 空腹 喪失 絶望 真っ暗な夜 不安

きっと 想像も追いつかない・・・・・・。







ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト
大地震 そのとき!
3月11日(金) 14;46に発生した大地震。

東京町田市に住む私も びっくりするほど怖かった。

コンビニで仕事中だった私は しゃがんで商品管理をしていた。
だけど ふらっと尻もちをついてしまった。
「やだわあ~。 しゃがむバランスがおぼつかないような歳になっちゃったんかあ・・・。」

しかし・・・まてよ・・・おかしいぞ・・・こりゃただごとじゃない。

地震のたびにニュース映像で見る
コンビニの商品がバラバラと床に落ちるあの感じが
いま 身の回りで起こっている。

ベテランの男性店員が誘導して 店内にいるすべての人を
店の外に出した。
「ただ今 地震で大変揺れております。
  落下物など危険ですから みなさん 外に出ましょう。」

私は コンビニ入口のドアを両手で押さえた。

たまたま駐車場にいた店長が
「すずりん、ドアに触らない方がいいんじゃない?」

手を離してみると 立っていられない。
ドアを押さえながら 隣のマンションをみると
ちょうど我が家のベランダが見える。

『ぺいちゃん 顔見せて・・・。ぺいちゃん 無事なの?』

けっこう長い時間 激しく揺れている。

たまたま駐車場にいた 市の移動図書館の車や
お弁当などの搬入にきた 業者さんのトラックが
三角形の輪留めをタイヤにかませているにもかかわらず
グラングランと大きく揺れる。
走りだしちゃうかもしれないと思うほど 大きく大きく揺れる。

幼稚園か小学校低学年くらいの小さな女の子が
両手を広げて 泣きそうな顔で走ってくる。
たった今コンビニで買ったばかりのおやつの入ったレジ袋を持って
かなりのピンチ顔。
私は両手を広げてその女の子を抱きしめた。

「大丈夫よ。大人がいっぱいいるからね。大丈夫 大丈夫。」

女の子は顔が青白くなっている。
自分にも言い聞かせるように 大丈夫 大丈夫。

私の娘と思ったのか いろんな人が寄ってくる。
私にはおおきな息子しかいないことをしっている店長が
「この子は?」と近寄ってきた。

「通りすがりの お嬢ちゃんなんです。」

そりゃこわかったなあと おじさんたちも声をかける。

いっとき 揺れがおさまったころ
その子の家が コンビニのすぐ近くだとわかった。
買い物に来ていることもママはしっているというし
家にはママが待っていることも わかった。
できるだけその子の家の方に歩いていきながら
「途中でまた こわかったら お店にいらっしゃいね。来ていいからね。」
「うん。」
小走りに 家の方に消えていった。

しばらくして 余震がまた大きかった。

店の外に避難したあと
哺乳ビンを持った若いママが走りこんできた。

「すみません、申し訳ないんですが お湯をいただけますか?」

みると 粉ミルクとちょっとだけお湯が入っている。
ママさん ピンチ。

「どうぞ、お使いください。沸騰に近い温度でかなり熱いですが大丈夫ですか?」
「はい 大丈夫です。」

カップラーメンがすぐに食べられるようにいつも熱くなっているポットだから
火傷が心配。


そこからは 観光バスでも来たんか?と思うほど
店が混み始めた。

近所の大きなマンションが安全のために停電したと・・・。
オール電化だから お湯も沸かせない。

水やお茶関係 菓子パン おにぎり 電池・・・
みなさん カゴに入るだけ入れて並んでいる。
そんなときに 幼児が二人でおやつを買いにきた。
まだ足し算もできない。
いくつか持って来たけど 合計金額が手持ちの小銭を上回る。

「足りないねぇ。 どれかひとつ あきらめようか?」
と声をかけると
「やだあ!」
ふたりでもめ始めた。
「アンタがあきらめなさいよ。」
「ボクのがなくなっちゃう そっちがあきらめろよ!」

もめてるうちにも どんどんお客さんがレジに並ぶ。
「いっぱいお客さんが待ってるから どれか決めてくれる?」
やっとこ決まると どれとどれで袋にいれてほしいとか
それはテープでこれが袋で あれとあれが袋で・・・。

わが子だったら ぶっ飛ばす!

袋はひとつ! もう一枚袋を入れておくから
店を出てから 二人でわけなさい!
と言いたいところだけど
そこは どんなに小さくてもお客様。
やさしく接して さささっと袋を用意して
「こっちに置くからね。 ふたりで持ってね。」 
とっとと動くようにやんわり促しながら 次のお客さんに移る。

お弁当の入れ込みや お惣菜の入れ込み作業が全然進まない。
お客さんの混雑が解消される暇がない。

また 幼児どうしでおやつのお買いもの。
またまた お金がたりない。

なんでこんなに余震の続く中を こんな幼い子だけで外に出すかなあ・・・。
赤ちゃんでもいるのかなあ・・・。

「お金が足りないから どれかあきらめようか?」
声をかけると またまたゴネだした。
すると 次の順番で待っていた老齢の男性が
足りない分のお金を出してくれた。
「いいよいいよ これで足りるだろ?」

こんな緊急事態で混雑してなきゃ
ゆっくり時間をかけて子供たちに納得させているところだ。
子供同士の買い物では お金が足りないとすぐに周りの友達を大声で呼んでは
5円 10円と借りる子達が多いけど
本当はね お金が足りなかったらあきらめるんだよ。
他の物に換えるとかして 手持ちのお金の中でやりくりすることを学ぶべきなんだ。

だから 小さな子が来たときは
やさ~しく 「足りないねぇ」と声をかけて
あきらめるか とりかえるか 考える時間をとってあげるの。

ゴネれば近くの大人がお金出してくれるなんて
そんな学習は絶対にさせたくないよね。
だけど しかたがない。
お金を足してくれた男性には
「よろしいのですか? ありがとうございます。」とお礼を言って
丁寧に頭を下げたけど
お子達には 「このレシートは必ずママに見せてね。」と
小さな手にしっかり持たせた。

こんなにおおきな地震のあとは
できるだけ大人がそばについてやってほしい。
最初のピンチの女の子は 最初の揺れの前に買い物に来た
その帰りだものね 仕方がないけど
余震もある中でのそれは お金のことだけでなく
町全体が異様な状態になるってことと
どんな危険が外にあるかわからないって
大人が想像力を働かせなくちゃ・・・。


ところで 電車も止まっちゃった。
ダーリンと長男は 会社に泊まった。

ぺいちゃんと私で 身を寄せ合うように
一晩過ごした。

揺れたときどうしてた?
「生きてるよ」ってメールくれて ぺいちゃんありがとうね 
 安心したよ。
 仕事中で帰れないから すごく心配だった。
あのねえ ヤカンとお鍋がすっとんで
中のお水がこぼれたから 拭き掃除が大変だったよ。
そうかそうか きれいにふき取ってくれたんだね。
ありがとう。
ガラスとか 怪我しなかった?
食器は割れなかったけど
中学の卒業記念の写真立てが 割れちゃった。
もうすこしで テレビが落ちそうだったよ。
そうかそうか ひとりでいるときに怖かったねえ。

えっ?
町田のスーパーで事故?
あっ! コストコだ!
遠出して たまにいくスーパーだ。
スロープが崩壊? 車が巻き込まれた?
ウソでしょ~!!! 
まさか友達が買い物に行ってないといいけど・・・。


宮城の地震が 福島も 茨城も 長野も 新潟も・・・
青森は 被害状況がまったくわからないという。
日本列島の東側半分が壊滅的な被害。
えええっ 千葉沖も?
東京湾にくるかなあ・・・。怖いなあ・・・。

明治時代に気象観測がはじまってから一番大きな地震だと・・・
関東大震災や阪神大震災よりも大きな地震だと・・・
えええっ? 地球規模で最大級の地震なの?

地震で持ちこたえたとしても そのあとの大津波で・・・。



甚大な被害にあわれたみなさん。
  心よりお見舞いもうしあげます。







ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
何になりたいの?
すずりんの好きなドラマとか映画は 刑事もの。
最近では外国のそういった類のが特に好き!

CSI科学捜査班なんかは
  人気シリーズのさきがけとなったラスベガス編とか
  マイアミ編も ニューヨーク編も 大好きだねえ。

学生時代には 理系はまったくダメで
試験では物理とか化学は捨てる教科だったから
物理なんて 100点満点中 4点なんて 名誉な点数とっちゃったことあるもんね。
「走行中のトラックの荷台でボールを上に投げたら
  そのボールはどうなるか・・・。」なんて問題は
「トラックの後ろに飛んでいく。」と答えて見事に不正解! バツ!

そんなに高く投げないだろ! 
どんだけスピード出してんだ!
なんて 非難ごうごうだあい!

物理的思考 ゼロだあい! エッヘン!
化学反応式もダメ!
沈殿?蒸発? そんなのまでついちゃったらもうチンプンカンプン。
H2O と CO2が ごっちゃになって
二酸化炭素飲んでどーする! って感じ。
むかしの話しだよ。
今はわかるよ! 飲むのはH2Oだべ!


だけど 科学捜査ってのはじつにおもしろい。
ふ~ん へえ~! って感動しちゃう。
そのうちに 何回か出てくるシーンのおかげで
苦手な科学もなんとなくうっすらわかるようになるんだね。

海老蔵さんの事件で血の痕跡がテレビに映ったときなんか
どっちの方向から どっちの方向へ移動したかなんて
すぐわかっちゃったもん。
打撲して出血すると 高速飛沫がどの方向に飛ぶかとか
よく CSIで やってるもんね。

他に好きな事件もののドラマは

クリミナルマインド (FBI 行動分析課) とか
コールドケース (日本だと時効になるような古い事件を扱う)大好きだねえ。

日本のドラマも 科捜研の女とか 臨場とかも見ちゃう。

息子たちはそんな私をみて
「お母さん 好きだねぇ。 いったい何になりたいの?」と聞くのさ。

そしたら
「CSI !」 

ばっかじゃねーの!? 
と笑われて

「何がしたいのさ。」 と聞かれれば

「鑑識!」

あははは! 話しになんねえ ぎゃははは。


うるせえ~。 好きなもんはしょうがないだろーが。


ところが うちの息子だってたいしたもんだ。
次男坊ペイちゃんはただ今高校2年生。
4月からは高3だよ。
受験生になるんだ。
そいつがだ!

「ぺいちゃんは何になりたいの?」 と聞いた時

「歌って 踊れて 笑いのとれる マンガ家になりたい!」 って言いやがった!

「マジ(本気)か?」
「マジ(本気)で!」

言ってくれるじゃねえか・・・。

歌って・・・バンドも組んでオーデション受けたり
      クリスマスコンサートとか言っちゃって 演奏活動してるけどさ!

踊れて・・・体育祭の応援団活動で いいポジションもらって
      なかなかキレのあるダンスもするけどさ!

笑いのとれる・・・文化祭では 漫才選手権 N-1グランプリとかに出場して
      なかなか笑いもとってたけどもだ!

マンガ家・・・マンガ家をなめんなよ!
      そんなに簡単な世界じゃないぞ!


CSIになりたい! なんて夢 もとい! 妄想癖のあるすずりんが母じゃ
しょーがねーのか・・・。


そういやあ・・・
長男タロウもとんでもねえ小学生だったっけ。

「大人になったら 野菜が大好きだから八百屋さんになりたい!
  だけど無理だったら
  サッカー日本代表になる!」  だとさ!

サッカー日本代表よりも八百屋さんになる方が難しいと思ってたアイツ!

腹がよじれるほど笑ったね。

小4くらいの頃の話だけど
どーだーい? バカだろ~お?

今その話をすると タロウ本人が 腹がよじれるほど笑うね。
涙こぼして 泣きながら笑うね。

サッカーゲームでは 自分はバティストゥータだったから
その気になっちゃって 妄想してたんだか・・・。
バティはフォワードだろ?
その頃のタロウのポジションは バックだ!
しかも レギュラーでもなかった頃の話だ!


どうやら私の血を ふたりとも受け継いだらしい!
しかも かなりオバカな 妄想癖が似たらしい!



パパへ
パパの大事な遺伝子に こんなバカな嫁の遺伝子を混ぜちゃって
ほんとに ごめんね~(+_+)







ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
いらっしゃいませ
今何人いるの?
現在の閲覧者数:
カーエルの予言
過去記事検索
いつ書いたかな?
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のネタだよ♪
コメント感謝です♪
応援ポチしてね♪

FC2ブログランキング

カテゴリー
コマーシャル
掲示板にも遊びに来てね~♪

すずりんのお気に入り
また来てね♪
月別アーカイブ
文字の大きさ
運だめし♪

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
すずりんへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックバック(記事紹介)
06,01,30~
どのくらい?
全タイトルを表示
プロフィール

suzurinn

Author:suzurinn
B型、さそり座、亥年。
天王星人(-)
血液型動物占いでは、ひつじ。
特技はバスケ、食べる、寝る。

無料投票コーナーどすえ
質問 どんな映画が好き?
洋画 ラブスーリー
洋画 サスペンス
洋画 人間ドラマ
洋画 スペクタクル
洋画 痛快娯楽劇
洋画 なんでも好き
邦画 ラブストーリー
邦画 文芸作品
邦画 推理作品
邦画 TVシリーズ続編
邦画 痛快娯楽劇
邦画 人間ドラマ
邦画 時代劇
邦画 なんでも
アジア系(韓国・中国他)

コメント



- リサーチ/アンケート -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

すずりんのネタ拍手ランキング
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。