現在の閲覧者数:
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銀婚の記念旅行 ④
翌朝(11日)は
昨夜のコワ~イお風呂のリベンジからスタート。

もうコワクないもんね~。
明るいもんね~。

朝食はバイキングスタイル。
食事をしたテーブルから外の景色をカシャっ!

テーブルの向こうは丸いプール。
その左側に見えるのは四角いプール。
プールの向こうのヤシだかシダだかの木の向こうには
テニスコートがあるんだよ。

チェックアウトまでの時間は珈琲を飲んだりしてのんびり。

天気はいいけど風が強い。寒い。
御前崎灯台に行った。

♪ お~いら岬の~ と~だ~いも~り~は♪
映画 【喜びも悲しみも幾歳月】の舞台だよね。
どんな話かは覚えてないけど 《節水》の話は覚えてるな。
お水を運ぶのがとても大変な場所だから
飲み水→料理→掃除→畑だったか鉢植えだったか水やり
そんな順に 
水の汚れの軽いものから順々に使ってなんてシーンを見た気がするなあ。

灯台の上まで登ると富士山も見えて
大海原も見えて 絶景 絶景!
でも強風と高所の恐怖ですぐに下りた。

次に向かったのは 【浜岡砂丘】

大きい!
千葉の九十九里も広くて大きくてびっくりしたけど
駿河湾も大きいねぇ。
やっぱり太平洋ってすごい。
人間ってちっちゃい。

途中 浜岡原発の近くを通った。
浜岡原発って今 停止してるんだっけ?
建物は 道路からひと山越えた場所らしいけど
チラっと見える建物はとっても大きくて いくつかあったから
そうとう広大な敷地面積なんだろうな。

福島第一原発の規模とかわらないだろうから
あんなに大きな建物が爆発したときは
どんなに怖かったろうと思った。
建物が見える土地にいる人も
爆発音が聞こえた人も
もちろん現場で働く人も その家族も
どんなに怖かったろう・・・。
なんだか 涙がじわ~っと出ちゃった。

前日の晩 町が暗かったのも 節電なんだよね。
看板はたくさんあるけど お店もたくさんあるけど
消していたから 暗かった。
目標もみつけられなかった。

大きな風力発電機を 何機も 何機もみたけど
それでも あんなに大きな発電所が停止してたら
節電も半端じゃないんだね。
私たちの若いころは こんな感じだったんだよなあ。
夜は暗くて 怖かったんだ。
だから 暗くなったら早く家に帰ったんだ。

今は 夜でも明るくて
24時間営業のお店もたくさんあって
塾に通う子も多くなった。
だから 子供のころから夜とか 時間とかに
怖いっていう感覚が薄れているのかもね。
「いつまで遊んでるの? 早く帰りなさい!」って子供に言っても
「何がぁ~・・・? 明るいから平気だよ。」そんな感じなんだね。

遠いむかしの若いころ
暗い道に 明かりをみつけるとどんなに安心したか・・・。
明かりのついた電柱から 次の電柱まで
すごく すご~く早足だった。 なんなら走った。

明るい街 便利な暮らしに慣れてしまうと
それが当たり前になっちゃうんだね。
しみじみ思った。


お昼は吉田町でうなぎを食べた。


東京で 松・竹・梅のうなぎのランク付けは
大きさの違いとか 作り置きか注文から捌くかの違いだけど
このお店は どのランクもうなぎは一緒なんだそうな。
うなぎと吸い物だけランク
プラス茶碗蒸しランク
さらにプラスデザートランク とか セットに品数が増えるかどうかなんだそうよ。

たくさんついても食べきれないだろうから
うな重と吸い物のランクにしたのさ。

サクっとふっくら 香ばしくてすごくおいしかった。
うなぎは好きだから たまに食べるんだけど
こんなにおいしいと思ったのは
柴又帝釈天で食べて以来 16年ぶりだなあ。

カンゲキ!!!

次は 【登呂遺跡】に行った。

ビックリするくらい普通の公園的。

住宅やお店の建つ街に 町内のなんとか公園みたいに
普通に溶け込んだ状態で 竪穴式住居とか
儀式用建物とかが建ってる。

火起こし体験もやってたけど
本当にふつう~な感じの公園だから不思議~。


帰りはまた渋滞に巻き込まれた。
でも もう帰るだけだから
慌てずに 休憩しながらゆっくり帰った。

「俺たちさ、新婚旅行もバタバタしたっけなあ。」
「そうだね。向こうの空港に着いたら 頼んでおいたレンタカーが来てなかったしね。」

「ホテルは前日に修学旅行生がドア蹴破ったとかで 違うホテルに案内されたね。」
「初めに泊まりたかったホテルは高くてあきらめたけど 結局そのホテルに案内されて
  自分たちが予約取れなかった部屋より さらにワンランク上の部屋だったよね。」
「申し訳ありませんでしたって ドア壊されたホテルから差し入れあったね。」

他にもあるんだ。
帰りは新居の鍵を 宅配便で送った荷物の中に入れて送っちゃってね。
これからお世話になる大家さんのこと 夜遅くに起こして鍵開けてもらった。
帰ってきてからだけど 新婚旅行の写真を 
車上狙いにアルバムとネガごと全部盗られたんだよなあ・・・。
一枚も手元に残ってない。
泣いても泣いても悔しくて ダーリンに申し訳なくて
サイアク。

「だけどさ、俺たちらしいっちゃ らしいな。」
「そうだね。だから ちっちゃなことも幸せに思えるんじゃないかね。」

「そうだよね。
  タロウの事を 残念なお兄ちゃんとか言って楽しんでるけど
  一番残念なのは 私たち夫婦ってことかね。」
「だよなぁ。」



太陽が沈んだあとの余韻に見えた富士山。


あまりにもキレイだったから 車の中から携帯で必死に撮った。
ピンボケ具合が すずりんらしいね。


おわり




ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト
銀婚の記念旅行 ③
日本平から静波(しずなみ)海岸方面に向けて出発。
ダーリンが用意していた地図をみながら
目印となるポイントを探すんだけど 道が暗くてね~。

私がこの旅行が不安だった原因のひとつは日にち。

東日本大震災が起きたのが3月11日。
その後 大きな余震とかあったのって 10日とか11日とか
だいたいひと月周期で何かあった記憶があったし
東海地震の心配もされている方面に向かう旅行だから・・・。
息子たちと離れているときに大きな地震があったらどうしよう
スーパー心配性の私はもうドキドキなわけね。

っで、日も暮れてきたのに 街の灯が・・・暗いよ~。
「私たちが知らないだけで 何か緊急避難指示とかあったのかなあ・・・。」
お店をみつけると中の様子が気になる。
「あっ、普通にお店やってる。」 安心したり
「目印のコンビニみつかんないねえ。」 不安になったり忙しい。

右手にコンビニをみつけたら
その先の左側に車関係の看板があるからそこを曲がって・・・って
まず そのコンビニがない!


やっとの思いでホテルについた。

ロビーでは大きなクリスマスツリーが迎えてくれた。
部屋に着いた。

外にはテニスコートがある。
テニスコートの向こうには海岸。

あまり間をおかずにトントン。とノックの音。

ホテルからのウェルカムフルーツだあ!

大浴場でひとっ風呂浴びてお食事。

ウェルカムフルーツもそうだけど
ワインも アニバーサリーサービスのひとつで出てきたよ。

オードブルは
姫サザエの香草バター焼き・公魚(わかさぎ)の南蛮漬け・カリフラワーのムース


駿河湾産 お造り盛り合わせ
御前崎産金目鯛の海藻蒸し 青のりソース
揚げ物盛り合わせ
和牛ロースのグリル 銀あん仕立て地場産冬野菜添え
茶碗むし
ご飯 お吸い物 香の物
牧の原産緑茶

ホテル特製デザート
珈琲
(お料理の写真は全部撮った)

和洋折衷フルコースはあっさりとしていてとってもおいしい。
また今度来るときは 洋食フルコースもいいね♪

ダーリンは途中で赤ワインを追加。
私は 静波(しずなみ)フィズをたのんでみた。

綺麗なブルーがキラキラキラキラ・・・。

サイダーみたいで飲みやすい。
お酒にあまり強くない私にはちょうどいいな。
ダーリンが飲んだ感想は ≪ ガリガリ君 ≫
まあね! サイダーみたいだもん。

この晩は 皆既月食。

息子たちにメールを送った。
「皆既月食が始まってるよ。」

長男タロウから返事が来た。
「たくさん飯食ってそれぞれの部屋でゲームなりマンガなり
  何かしらしてるよ。
  月はちょっと見たけど寒いからやめた。
  戸締りと火はちゃんと気をつけるよ。
  じゃー気をつけて、何よりちゃんと楽しんで。」

はあ~い

何回もバルコニーに出て空を見上げた。
だんだんと月が欠けていく様子が幻想的。

寝る前にもう一度大浴場に行った。
私ひとりで 貸し切り状態だ。
夕食前に入った時はテニスコートの夜間照明や
屋内プールの明かりで気持ち良かったけど
11時を過ぎたら 外の照明はすべて消えていて
浴室内の明かりだけ・・・。
コワイ

時折聞こえる 何かの声が反響する・・・。
ここには私 ひとりだけ・・・。
コワイ

とっとと出てダーリンを待っていると
男風呂からはずいぶんと人が出てくる。
オトナも 子供も出てきた。
いっぱいいたんだなあ・・・。 いいなあ。

皆既月食が終わって だんだんと月が満ちて行くと
目の前のテニスコートが月明かりに照らされて
これまたステキ!

何回外に出てたんだろう。


つづく (まだあるんかい)






ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
銀婚の記念旅行 ②
あらやだっ!
前回の ≪つづく≫ から1週間経っちゃった。
その間にもいろんな小ネタもあるから
この話はトトト・・・っと終わらせねば・・・。

出発から大渋滞に巻き込まれてさあ大変!
行程表まで作って計画立ててくれてたダーリンは残念そう。 
高速道路なのに 追い越し車線なのに
ウンともスンとも動かなくなっちゃったから
パーキングにギアいれて
サイドブレーキまでかけてしまう状態。

ダーリンは無口になり
うーん! とか ふう~!とか様子がおかしい。
トイレに行きたくなっちゃったのだ!

子供が小さかったころは 携帯トイレを常備してたけど
息子たちも青年になった今は用意してない。
困ったなあ・・・。
トランクに水の入ったペットボトルがあるから
それを空にして使ったらどうかとか
いろいろ提案しても 「いいよ。大丈夫だから。」と
全部拒否するんだ。

そんなやり取りの中 時間がどんどん過ぎていく。
30分もしたら顔色も悪くなってきた。
うっすら汗もかいている。
明らかに緊迫してる状態。
「トイレ我慢して膀胱破裂ってこともあるんだよ。」
と説得する。

後部座席にいつも置いているバスタオルがある。
寒かったら膝にかけるとか
突然の雨で濡れたときにシートに敷くとか
何でも使えるように常備してるバスタオル。

バッグに入れてたレジ袋もある

「レジ袋にバスタオルを入れて そのタオルに吸わせればいいよ。」
というと
いよいよ覚悟したのか その方法をとることにした。

サイドブレーキをかけるとダーリンは後部座席に
私は助手席から運転席に素早く移動した。

観光バスや大型トラックもいっぱいいたから
丸見えなんじゃないかと躊躇していたダーリンだったけど
もう1枚あるバスタオルで隠して 何とか窮地を乗り越えた。

「ダーリンで良かったね。私だったら大変だよ。
  スカートじゃないから全部つるんと下げて・・・とか
  いろいろ手順も大変だよ女って・・・。」

なんて言ってるうちに事故処理も終わったのか
なんだったの?っていうくらいにスイスイーっと渋滞解消。

ちょっと遅い昼食は 【清水の河岸の市】。


贅沢マグロ丼とマグロづくし丼だあ~い!

超おいしかった~。

本当はね
清水では早めの昼食で
このあと丸子宿だっけかな?
そこまで行って3時~4時くらいに とろろを食べる予定だったの。
何回昼食とるんだ?って思うでしょ?
ホテルの夕食を遅めの時間で予約してたからね
前から一度行ってみたかったとろろの美味しいお店にって
計画してくれてたんだけど
渋滞に3時間はまったから とろろはあきらめた。

っで、
この日のメインは 
日本平からロープウェイに乗って行った【久能山東照宮】。


二代将軍秀忠が 父家康の為に建てた社殿は総漆塗り。

塗りかえられたばかりだからすっごく綺麗。


この門をくぐって階段を上ると
家康の御墓があるんだよ。

帰りのロープウェイの終電まで時間がなくて
すごく急いでまわったけど
ゆっくり過ごしたかったなあ。
けっこう急な階段が多くて急ぐのは大変だもの。

帰り際に二人で写真を撮ろうとセルフタイマーとかいじってたら
「シャッター押しましょうか?」と
社務所の中から声をかけられた。
親切で優しい声のする方を振り向いて
「大丈夫で~す。」
「ありがとうございます。」とお礼を言って急いでピース

日本平まで戻ると予約したホテルまで
日暮れと競争しながら急いだのでありました。


つづく (またかい?)






ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
銀婚の記念旅行 ①
先日の10日(土)11日(日)と一泊で旅行してきたの。
1986年11月に結婚してから25年
銀婚式なのよ。

行って来たのは静岡県静波海岸。
何で冬に海岸? と思うでしょ?
ダーリンの会社が契約しているホテルがあるからそこにしたんだけど
いやあ~~~ いいところだった!。
天気も良かったし 静かだし 癒されたわあ~。

ただ 行きも帰りも渋滞に巻き込まれたから
それはちょっと残念だったけど
他はとっても快適!

実はね
行くまでは複雑な気持ちでいっぱいだったの。

長男も次男も仕事やら学校やらバイトやら予定があるから
家族4人でスケジュール合わせるのは厳しいし
記念なんだから夫婦ふたりで行っておいでよって
息子たちは言ってくれるんだけど
次男坊なんか高校3年でも 家族で旅行に行きたい子なの。

幼いころは家族で旅行も毎年行ってたけど
兄ちゃんがサッカークラブに入ったときから
全然行ってないもんだから
旅行の記憶があまりにも小さいときのことで
ほとんどない。
だから
みんなで旅行に行きたい行きたいって言うのね。
そんな息子を置いて 
夫婦だけで行くのがかわいそうな気がして・・・。

でも それ(家族旅行)と これ(夫婦の銀婚記念旅行)は
別物なんだから行っておいでって言ってくれてね。

ダーリンは
「もう成人した子と高校生なんだから大丈夫だ。」って言うけどさ
やっぱり男親と女親は感覚が違うのか
私が子離れできないダメかあちゃんなのか 
複雑だった。。。  ってわけです。

だけど いざ出発したら 次男坊からメールがきた。

「オレ達の事心配しても、クチには出しちゃダメだよ
  お父さん 嫌だと思うから
  楽しんできてね 」

私が思うよりもずっとオトナだったのね。

「わかった。ありがとう。
  心配性でごめんね。楽しんでくるね 」

って 返信したのでありました。


つづく







ランキングに参加しています。
ポチっと一押し 応援よろしくお願いします。


FC2 Blog Ranking 


この記事が面白かった方は
拍手マークをポチっと一押し お願いします。
とっても励みになるんです。
よろしくお願いします。
いらっしゃいませ
今何人いるの?
現在の閲覧者数:
カーエルの予言
過去記事検索
いつ書いたかな?
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のネタだよ♪
コメント感謝です♪
応援ポチしてね♪

FC2ブログランキング

カテゴリー
コマーシャル
掲示板にも遊びに来てね~♪

すずりんのお気に入り
また来てね♪
月別アーカイブ
文字の大きさ
運だめし♪

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
すずりんへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックバック(記事紹介)
06,01,30~
どのくらい?
全タイトルを表示
プロフィール

suzurinn

Author:suzurinn
B型、さそり座、亥年。
天王星人(-)
血液型動物占いでは、ひつじ。
特技はバスケ、食べる、寝る。

無料投票コーナーどすえ
質問 どんな映画が好き?
洋画 ラブスーリー
洋画 サスペンス
洋画 人間ドラマ
洋画 スペクタクル
洋画 痛快娯楽劇
洋画 なんでも好き
邦画 ラブストーリー
邦画 文芸作品
邦画 推理作品
邦画 TVシリーズ続編
邦画 痛快娯楽劇
邦画 人間ドラマ
邦画 時代劇
邦画 なんでも
アジア系(韓国・中国他)

コメント



- リサーチ/アンケート -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

すずりんのネタ拍手ランキング
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。